Food

そのシワ、ほうれい線…糖質の摂りすぎが原因かも!?糖質オフスープで【脱!老け顔】

2019/02/20

同じ年なのに、お肌の状態は人ぞれぞれ。20代、30代でも、シワやほうれい線が増えてきた…と悩んでいる人はいませんか?もちろん遺伝や紫外線、お手入れの状態によっても異なりますが、食事内容がそのまま肌や体の差につながっていることも珍しくありません。もしかしたら、そのシワ、ほうれい線、糖質の摂り方に原因があるかも!

老化物質「AGE」が老け顔の原因に…

「糖化」や「AGE」(エージーイー)という言葉を聞いたことがありますか?「糖化」とは、体内のタンパク質が糖によって変質してしまうこと。そして「AGE」とは「Advanced Glycation End Products(終末糖化産物)」の略で、糖化によって生まれる老化物質の一種です。

「AGE」をわかりやすく解説すると、チキンの照焼のようなこと。鶏肉のタンパク質と糖を含む甘いタレを焼き絡めたような状態。体内のタンパク質、つまり肌組織や筋肉、血管が、糖に焼き絡められたような状態、焦げついたような状態になると、タンパク質は本来の働きを失ってしまいます。これが肌組織で発生すると、シミやたるみ、ほうれい線に、血管で発生すると動脈硬化が起こるというわけです。

「糖化」や「AGE」は、高血糖や血糖値の急上昇によって発生します。糖質をたくさん摂る人、血糖値が急上昇しやすい食事を摂っている人は、「糖化」や「AGE」のリスクが格段に上がります。体を動かして糖質をスムーズに消費しているなら体内で糖が余ったり高血糖の心配は多くありませんが、トレーニングがおろそかになる冬は、糖質が体内で余ってしまって高血糖の確率が上がりがち…。

パスタやピザをパクパク。ワインを飲んで、暖房の利いた部屋でアイスクリームをペロリ。ランニングも筋トレもお休みして、部屋でゴロゴロ…。そんな生活を繰り返していると、「糖化」が進行し、「AGE」がジャンジャン蓄積されてしまいかねません。こんな冬を過ごせば、春先にはあれ?シワが…ほうれい線が…となってしまうかも!

糖質オフスープで、シワ、ほうれい線の原因「AGE」の発生を防ぐ!

運動不足で体内で糖質が余ってしまいがちな冬は、糖質オフスープを積極的に取り入れるのがオススメです。

糖質オフとはいえ、完全に糖質をカットする必要はありません。ご飯や麺、パンの量を半分以下に減らして、野菜と肉、魚介などをたっぷり摂れるスープを取り入れるだけ。スープでお腹が満たされ、食物繊維の作用で血糖値の急上昇を防ぐことができるので、食べすぎもラク~に予防できます。

鍋に入れて火にかけるだけ! オススメの糖質オフスープレシピはこちら

カリフラワーとチキンのカレースープ

【材料】(2人分)
カリフラワー…1/2個
ササミ…4本
グリンピース(冷凍)…80g
ローリエ…1枚
酒…小さじ2
塩…小さじ1/2
醤油…小さじ1
カレー粉…小さじ2
黒コショウ…適量

【作り方】
1 カリフラワーは小房に分ける。ササミは2cm幅に切る。
2 鍋に、水400mlとすべての材料とコショウ以外の調味料を入れて中火にかける。沸騰したら蓋をして弱火で15分ほど煮込む。
3 器に盛り、コショウを振る。

カレールゥではなく、カレー粉を使えばサラリとした仕上がりになり糖質も大幅カットできます。スライスしたバケットを1~2枚添えたり、中サイズのおにぎり1個を添える程度なら糖質過多の心配もありません。

冬が旬のカリフラワーは、糖質が少なくビタミンCやビタミンB群が多く含まれるので、代謝アップや美肌づくりに、鶏ササミや胸肉は体作りに欠かせないタンパク質やビタミンB群が豊富!まめに取り入れて、冬の体ケアに役立てましょう。

撮影:落合明人
ライター:藤岡操(栄養士)

RECOMMEND