Food

冬って骨がスカスカになりやすい!?それには「骨活鍋」がオススメ

2019/03/04

冬のこそ「骨活」の理由とは

骨を作る上で欠かせない栄養素と言えば、カルシウムがよく知られていますが、実はビタミンD、K、マグネシウムも重要な栄養素となります。
中でもカルシウムの吸収を促すビタミンDは、日光を浴びることから体内で生成される栄養素。日照時間が少ない冬場は、夏場に比べると摂取しにくくなるので注意が必要です。

ビタミンDは食事からも摂ることができます。魚だと鮭やイワシ、きのこではマイタケに多く含まれています。特にマイタケは100g食べると1日に必要なビタミンD量の約90%を摂取できるありがたい存在。冬こそ意識して食べたいですね。

「骨のトライアングル」はカルシウム+ビタミンD+クエン酸

今回ご紹介する骨強化レシピは「鍋」。骨を丈夫にするのに大切な栄養素であるカルシウム。その働きをサポートするのがビタミンDと、クエン酸です。クエン酸が持つキレート効果は、カルシウムの吸収を促す効果があります。
つまり、カルシウムを多く含む食材とレモンを一緒に摂ると、丈夫な骨作りに役立つんです。
このレシピではカルシウム源として、牛乳、春菊、子大豆もやしなどの野菜を使います。子大豆もやしには大豆イソフラボンが含まれているため、骨の健康維持に効果が期待できます。合わせてビタミンDの豊富な食材として、マイタケと鮭も使います。食べて冬の骨活ができちゃう一品です。

◇もやしレモン粉雪ミルク鍋

【材料】(2人分)
・スープ
(A)水:400cc
塩:小さじ1/4
牛乳:400cc
(A)白だし:大さじ1
(A)ポッカレモン100:大さじ2
・具材
鮭:2切れ
子大豆もやし:1袋
キャベツ:1/8個(150g)
玉ネギ:1/2個(100g)
マイタケ:1/2袋(50g)
春菊:1/4袋(50g)
ニンジン:1/5本(30g)
コーン:50g
レモン:1個(またはポッカレモン100:大さじ2)
バター:10〜20g
粉チーズ:大さじ2

【作り方】
1:鮭を4等分に切る。キャべツ、春菊をざく切りに、玉ネギを1cm幅に切る。マイタケを手でほぐす。ニンジンを輪切りにし、型で抜く。レモンを2〜3mm厚の輪切りにする。

2:鍋に「スープ」の(A)と具材を入れ、蓋をして加熱する(ポッカレモン100の場合は、スープの中に入れる)。

3:全体が温まったら牛乳とバターを加えて沸騰直前まで加熱し、粉チーズをパラパラとかけて火を止める。
レモンの酸味とだしが優しい味わい!レモンはクエン酸による消化促進、抗酸化効果にお肌の新陳代謝アップなど、美容や健康に役立つ効果がたくさんある食材です。レモンを並べれば見た目も華やかだから、おうち女子会の主役にも良さそうです。

◇ポッカレモン100
容量:70ml
価格:165円(税別)
https://www.pokkasapporo-fb.jp/lemon100/

◇子大豆もやし
容量:200g(1袋)
価格:72円(税別)
http://www.saladcosmo.co.jp/sprout/kodaizumoyashi.html

ライター:幸雅子
監修:柴田真希さん(管理栄養士)

RECOMMEND