Food

仕事に恋に頑張る女子ほど危険!「朝の隠れタンパク質不足」になってない?

朝、タンパク質が足りない!?

トレ女大注目の栄養素といえばタンパク質ですが、なぜ必要なのでしょうか?

タンパク質(=プロテイン)は3大栄養素の一つ。筋肉、血液、髪の毛などカラダを構成するのに必要不可欠で、美しいカラダ作りをサポートしてくれる栄養素なんです。

しかし、家事や仕事に忙しく活躍する現代の女性。実は、朝食におけるタンパク質の摂取量が不足してしまう「朝のタンパク質不足」(※1)傾向にあると指摘されています。

タンパク質っていつ摂ればいい?

実は、タンパク質は常に分解され続け、カラダの中に蓄えておくことができません!そのため、一度の食事でまとめて摂るのではなく、朝・昼・晩の3食において、バランスよく摂取する必要があるのです。

今回の調査(※2)によると、約70%、実に約3人に2人の女性が、タンパク質は、常に分解されためておけないことを「知らない」と回答、さらに、タンパク質を毎食(朝・昼・晩)摂る必要があることを知らない女性も、約60%にまで上りました。

また、一日の中でタンパク質を「いつ」摂るようにしているかという問いに対しては、多くの女性が摂りやすい「夜」と回答。確かに時間もあるし、夜にタンパク質メインで食べようかな?と思いがちですが、それでは不十分だったのです!

タンパク質は、朝もしっかり摂るべき栄養素だったのです。

朝の「隠れタンパク質不足」解消の切り札

朝もタンパク質を摂りたいけれど、とにかく時間がない!そんな女子にオススメなのが今回、ケロッグから発売された「大豆プロテイン グラノラ」。

朝に不足しがちなタンパク質10g(卵1.5個分 ※3)を、「おいしく」、「時短」に摂ることができるんです。

牛乳を加えて食べれば、1食で女性が一日に必要とされるタンパク質量(※4)の約1/3(16.6g)を摂取することができるのです。これはうれしい!

また、「大豆プロテイン グラノラ」に含まれるタンパク質は主に、女性にうれしいイソフラボンを含んだ大豆由来の植物性プロテイン。甘さ控えめのサクサク食感のシリアルに、香ばしい大豆、アーモンド、カボチャの種などの自然素材が加わりました。

これ、きっと嫌いな女子はいないおいしさです。

◇大豆プロテイン グラノラ
内容量:350g
参考小売価格:618円(税抜)
http://www.kelloggs.jp/ja_JP/products/soy-protein-granola.html

忙しくてもちゃんとタンパク質。そんな習慣をグラノラで始めましょう!

※1 Geriatrics Gerontol Int 2018; 18: 723-731より
※2 調査名:美と健康に関する意識調査
調査主体:日本ケロッグ合同会社
調査方法:インターネット調査
調査対象:20代~50代の女性 296人
調査期間:2018年12月
※3 卵1個50g。 日本食品標準成分表2015に基づいて計算
※4 牛乳200ml。1日のたんぱく質の推奨量は50g(女性18歳以上)日本人の食事摂取基準(2015年度版)

ライター:幸雅子
お問い合わせ:
日本ケロッグ合同会社 お客様相談室 0120-500209
(受付:月~金9:00~17:00/土日祝(祭)日除く)

RECOMMEND