Food

トレ女は注目!次世代のミートはこの豆が主役

2019/05/04

「植物性タンパク質」をおいしく楽しく簡単に

トレ女大注目の栄養素といえば「タンパク質」。中でも植物性タンパク質は、美容のためにも健康のためにも積極的に摂っていきたいところですよね。

ただ、調理に時間がかかったり、食材をそろえるだけでも、忙しい時にはひと苦労…。そんな悩める女子の皆さまに救世主が現れました!なんと、そら豆を原料にした次世代ミートの登場です。

日本では大豆を原料にしてお肉に見立てた、「大豆ミート」が主流。外食店では大豆ミートを使ったメニューがあったり、小売店ではさまざまなメーカーから加工食品の大豆ミートが発売されています。

海外の事情はというと、米国では、動物肉に近い味や食感の肉である「フェイクミート」のブームが起きています。そんな中、北欧では、サスティナブルな考え方によって、植物性のタンパク質から作った加工食品である「次世代ミート」が注目を集めています。

今回ご紹介するのが、フィンランドで親しまれている、そら豆を主原料とした次世代ミート「HÄRKIS」(ハーキス)です。このたび、日本でもわかりやすく親しめる 「野菜のそぼろ」となって登場します。

「野菜のそぼろ」ってどんなもの?

「野菜のそぼろ」は、北欧・フィンランド産のそら豆を使用した、そぼろ状の新素材。フィンランドのきれいな空気と栄養豊富な土壌、夏の長い陽に照らされすくすくと育ったそら豆には、タンパク質が豊富に含まれています。

そのまま食べることはもちろん、使いやすいフレークタイプなので、お肉の代わりとして幅広い料理に使うことができます。グルテンフリーでもあるので、安心して食べられるのがうれしいですね!
どんな料理にも合わせやすいようほんのり塩味を利かせた「プレーン」なら、一食130gあたりタンパク質が22g、食物繊維が9g含まれています。おいしくてアレンジができて、必要な栄養素が摂れる。これほんとありがたいです。

◇HÄRKIS FINLAND 野菜のそぼろ プレーン/エスニックカレー/メキシカン
参考小売価格:500円(税別)
内容量:130g
賞味期限:270日(要冷凍-18℃以下)
http://www.harkis.jp

ブランドサイトには開発ストーリーやレシピも多数紹介されています。楽しく次世代ミート生活、始めてみませんか?

ライター:幸雅子
情報提供:ひかり味噌 https://www.hikarimiso.co.jp

RECOMMEND