Food

マクロビはなぜ体にいいの?

2019/05/26

マクロビオティックで自然治癒力が高まる理由

マクロビオティックはシンプルで、自然治癒力を高めてくれる食事法。では、なぜ自然治癒力が高まるのでしょうか?キーワードは六つあります。

1:旬で国産の食べ物
旬で国産、さらに自然な状態で栽培された食べ物がいいとされる。旬の食べ物は、その季節と対応する内臓の働きも良くし、内臓から活力を与えてくれる。

2:無農薬有機栽培
無農薬有機栽培の野菜、または伝統製法の食材を選ぶこと。有機の野菜には生命力があるため、体を細胞から元気にしてくれる。

3:添加物なし
本来の人間の営みには必要ないものと考えるため、遺伝子組み換え食品、化学調味料、食品添加物などを使用しない。

4:主食は玄米か穀物
まるごといただくという意味でも、主食は玄米など全粒かそれに近い穀物とする。食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富。日本ではおかずは菜食が基本。

5:東洋医学
東洋医学や根治治療の実践を心がける。自然なものだけを口にし、自然な療法を行い、自分の力を信じて病気と向き合い、その原因を追求してなおすことが望ましい。

6:皮や芯ごと調理
基本的に皮をむかず、芯や根、種なども工夫して、食べ物をまるごといただく。こうすることで驚くほど調理時のゴミも出なくなる。

今回はこれからの季節にぴったりの、野菜カレーのレシピをご紹介します。手間をかけて、じっくりと作り上げる喜びを感じて下さい!

野菜カレー

 

【材料】(2人分)
ジャガイモ 小2個 180g
ニンジン 1/2個 80g
ナス 2本 170g
タマネギ 1/2個 160g
トマト缶詰 1缶 240g
トマトピューレ 50cc
エリンギ 120g
野菜ブイヨン 1/2かけ

ショウガ 小さじ1杯(すりおろし)
ニンニク 1/2かけ
ベイリーフ 1枚
クミンシード 小さじ1/2杯

カレースパイス
ターメリック 小さじ1/4杯
クミンパウダー 大さじ2/3杯
コリアンダーパウダー 大さじ2/3杯
レッドチリパウダー 小さじ1/8杯

自然塩 小さじ1/2〜1杯
菜種油 大さじ1杯
水 100cc(野菜の水分により追加する)

【作り方】
1:タマネギは回し切りし、ジャガイモ、ニンジン、ナス、エリンギはそれぞれ3cm角くらいに小口切りにしておく。

2:ニンニクとショウガはすりおろしておく。

3:鍋に菜種油を入れて温め、ベイリーフとクミンシードを入れ、はじけてきたらタマネギを加えて、薄いキツネ色になるまで炒める。

4:3にニンニクとショウガを加えて炒め、香りが出てきたらニンジン、エリンギ、ジャガイモ、ナスを入れて炒める。

5:4にトマトの缶とブイヨンを入れてフタをしてからトマトピューレと煮込む。

6:5の野菜が軟らかくなったらスパイスを加え、さらに10分煮込む。

7:自然塩で味を整えてでき上がり。

ライター:幸雅子
出典:『自然力ケア』/「マクロビオティック食 自然の恵みをまるごといただく食事」
監修:森山幹麗/くつろぎ工房主宰。リマクッキングスクール師範科修了。龍村ヨガ研究所指導者養成講座修了。マクロビオティック歴30年以上、ヨガ歴15年。マクロビオティックの哲学を素に、食養とヨガを両立させたオリジナルのヨガ「マクロビオティック・ヨガ」を提唱する。

RECOMMEND