Fortune

6月の「人生の大掃除」は完了?7月からは「当たり前」を見直す【数秘術で幸せになる!】

2019/06/29

このままでいいのかな…

こんにちは。数秘カウンセラーの阿蘇湧真です。「リセット」がテーマの今月でしたが、皆さま、いかがお過ごしでしたでしょうか?人によっては、当たり前にあった環境や人間関係を見極めるタイミングが来たり、体調不良をきっかけに、自分自身を見直した方もいるかもしれません。

また、「このままでいいのかな?」という漠然とした焦りが湧いてきている方もいるでしょう。どちらにしても、僕達は今、「古い自分」を卒業して、生まれ変わるタイミングを迎えています。

 

小さなモヤモヤを見逃さない

数秘で読み解くと、2019年7月から新たな流れが始まります。そこに向けて6月は「人生の大掃除」。この時期大切なことは、「小さなモヤモヤ」を見逃さないということです。

このタイミングでは、今まで見ないようにしていた自分の課題や、モヤモヤが浮上してくる時期です。こうした小さなモヤモヤをしっかりキャッチして、クリアにしていくことがとても大切なことです。

あなたは見ないようにしてきた小さな違和感や、目をそむけてきた課題はありませんか?人によってそれは、「お金の問題」かもしれませんし、「パートナーと未来を話し合うこと」かもしれません。「本当は気が乗らないのに続けてきた仕事」かもしれませんし、目をそむけてきた過去のトラウマが浮上することもあるでしょう。

ごまかさず、まっすぐにその課題に取り組んでみましょう。

「外を責めない」。自分の内側を見る

ポイントは「外を責めない」ことです。

僕達は自分の中の問題から目をそむけるために、これまで誰かを批判したり、責めたりしてきたからです。しかしすべては、自分の中の「課題」や「未解決」を映してくれる鏡でしかありません。この時期こそ、自分自身に集中しましょう。ここをクリアにすることで、想像以上の未来が待っています!

継続が力を奪うこともある

今、僕達の「当たり前」が変わろうとしています。人間関係、仕事、お金…。すべてにおいて、これまでの常識や「こうすべき」という方法論が通用しなくなり、新しい方法論や考え方が出てきます。

つまり、僕達が日常で使っている「当たり前」を疑う姿勢が、とても大切になってくるのです。

その一つが、「継続」です。「継続は力なり」という言葉の通り、継続することでものごとが具現化したり、確固たる力になっていったりするものですね。しかし、何でも続ければいいかというと、そうではありません。

自分とズレたことをやったり、真実ではないことを無理に継続すると、逆に自分本来の力が奪われていくこともあるのです。「本当に力になる継続」というのは、「続けよう」と努力するものではなく、いつの間にか「続けてしまった」というものです。楽しくて、熱中して、「気がついたらこんなに続けていた…」というものが、本物の継続。

「一度やったら続けなければ」と、自分に圧力をかけているとしたら、その時点で自分の本質からズレていることを認めなければいけません。

「努力の仕方」も見直す

日本人は努力家です。でも、世の中に病気や自殺が多いのは、「努力の仕方が間違っていませんか?」というメッセージでもあります。ついつい「努力や継続=偉い」になってしまいがちですが、「努力の仕方」も見直してみることが大切です。

 

 

阿蘇湧真
心理学、脳科学、東洋思想など幅広く学び、心の仕組みや、毎日が楽しくなる考え方をわかりやすく発信。現在まで4冊の本を出版。無料メールマガジン「心の新聞紙」は現在まで2500件以上配信。カウンセラーとして個別のご相談にお答えする傍ら、セミナー講師、作家として活動。数年前より〝誕生日から運命を読み解く〟「数秘術」を学び始め、「数秘術カウンセラー」としてカウンセリング、セミナー活動を行う。
2018年、待望の最新の数秘術「アセンション数秘術」を確立。新しい数秘の読み解きを公開し、「自らの数字を使い、人生を変革させる」セミナー、ワークショップを開始。
http://rakugaki-aso.jimdo.com

 

【数秘術とは】

2500年前のギリシャの数学者であるピタゴラスによってまとめられた数字をエネルギーとして捉え人生や万物を読み解く学問。この考え方が「カバラ数秘術」としてユダヤ民族の間で受け継がれ、長い歴史の中で統計学として進化。タロット占いや西洋占星術の元となる。ユダヤ人の大富豪やニューヨークのセレブの間では「人類最高の知恵」として熱烈な支持を受けている。
簡単な計算だけで、生年月日から才能、運命、使命などあらゆることが読み解けてしまう「魔法のメソッド」。

RECOMMEND