Food

旬野菜「キュウリ」でデトックスして 体の熱を冷まし夏バテ対策!

夏は新陳代謝を促進しやすい

夏は気温が上がり、太陽のエネルギーをたくさん受ける季節。体も熱がこもりやすくなるので、呼吸と意識を調和させた適度な運動を行いながら、素材の力と旨みを最大限に引き出してくれる、無農薬無化学肥料栽培、無添加伝統製法の自然な食品を食べるようにしたいものです。

実は、夏は病気などを根本的に改善しやすい季節。新陳代謝を促進させるよう、必要に応じて汗を流し、体温を正常にコントロールさせることが大切。それがアンチエイジングにもつながります。食べすぎによる栄養素の不完全燃焼は、老廃物が体内に滞りやすくなり、夏のダメージを大きくする原因になってしまうのでご注意を。

旬の野菜で体を涼しく

夏に収穫される農作物は、体を冷やしてくれます。採れたてのおいしい野菜を上手に調理して、暑い夏をさわやかに過ごしましょう。季節に応じた自然の力をありのまま、無理や無駄をぜずに取り入れることも、マクロビオティックの基本です。

今回のレシピは、塩分を素早く補給でき、夏バテ解消に効果的。火を使わないので、キッチンで暑い思いをしなくていいのがうれしい!キャンプやアウトドアにもオススメの簡単レシピです。

◇ キュウリとふのりの冷やし味噌汁

【材料】(2〜3人分)
キュウリ……2本
自然海塩……少々
白いりごま……大さじ1.5杯
有機栽培無添加味噌(豆味噌など)……35g
だし汁(昆布・シイタケ)……450ml
ふのり(乾燥タイプでも良い)……お椀にひとつまみ程度

・だし汁
シイタケ……3個
昆布……10cmカット2枚ほど
水……450ml
※ひと晩つけておくと濃いめのだし汁ができる

【手順】
1:キュウリは板ずりして小口切にし、塩もみして水分を絞っておく。
2:いりごま、味噌をすり鉢ですり、濃いめのだし汁でのばして冷やしておく。
3:器に2と1をよそい、ふのりをのせてでき上がり。

 

 

出典:『Yogini』vol.16/「アヒムサ食堂」
監修:森山幹麗(くつろぎ工房主催。リマクッキングスクール師範科修了。龍村ヨガ研究所指導者養成講座修了。)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE