YOLO

Food

エクササイズをするなら知っておきたいお酒とのつき合い方

2018/08/15

お酒ってホントは体にとってどうなの?

しっかり動いて、汗を流した後の一杯は、お酒が好きな女性はたまらないですよね〜!でも、せっかく体にいいことしたのに、お酒って実際、体にとってどうなの?エクササイズとお酒の関係、素朴な疑問に答えます!

Q1.
エクササイズの後にお酒を飲んだら、次の日ぐったり…。これってお酒のせいですか?

A1.
アルコールの分解を担っている臓器は肝臓。エクササイズなど運動の後の疲労回復を促す働きをしているのも肝臓なので、動いた後の飲酒はダブルで負担をかけていることになります。お酒は別の日に飲むのが無難。

Q2.
エクササイズの後、ノドが渇いたのでビールで乾杯!少しなら大丈夫?

A2.
アルコールには利尿作用があります。エクササイズの後は血行がよくなって、水分を吸収しやすい上に、こまめに水分補給をしないと、血中アルコール濃度が一気に高まってしまいます。そこで、お酒を飲む前、飲酒中ともに、水分を一緒に取るように心がけましょう。

Q3.
どうしても飲みたい時の、オススメの飲み方はありますか?

A3.
お酒とおつまみの種類を工夫しましょう。お酒なら抗酸化作用などが期待できるポリフェノールが取れるワイン。おつまみには、枝豆や豆腐など豆類がオススメ。アルコール分解のために使われるタンパク質を補給しましょう。

Q4.
エクササイズの後の飲酒は、筋肉が落ちるって本当?

A4.
アルコールを飲むと、筋肉を分解させる物質「コルチゾール」が増えます。一方、筋肉を成長させるホルモン「テストステロン」は減少し、筋肉が落ちると言われています。継続的な飲酒を続けていると、筋肉のつきにくい体になってしまうので注意が必要です。

Q5.
汗をかくとアルコールが抜けると言いますが、エクササイズの前にアルコールを飲んでもいいのでしょうか?

A5.
アルコールの90%は肝臓で代謝され、残りの10%は呼気や汗、尿として排出されます。運動前に飲酒すると、体の脱水を進めてしまい、血中アルコール濃度が上がって、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす可能性があります。
エクササイズをする場合、お酒を日常に取り入れていく方法、参考になりましたか?自分の好きなものや大切な時間をシャットアウトするのではなく、上手につき合っていく方法をぜひ考えてみてくださいね。

 

ライター:豊田紗江
出典:『ヨガと食事』/「飲みたいからこそ知っておくべきお酒とヨギーニのつき合い方」
監修:川端理香/管理栄養士。元日本オリンピック委員会強化スタッフ。著書に『カラダの悩みは食べ方で99%解決する』などがある。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE