Health & Beauty

シミ、シワに届け!美肌スープでアンチエイジング!

体の内側からアンチエイジング

夏が近づき気になるのが、紫外線による日焼け シミやシワ…。日焼け止め対策は外側からだけでなく、体の内側から食べ物によっても予防しましょう。

シミ、シワ、くすみを予防するには、 体を酸化ストレスから守る抗酸化機能をアップさせること。早めの対策で後々の肌トラブルにならないよう、今日から手作りスープでエイジレス!

エイジングケア美肌スープ2選

【ビーツ のヴィーナススープ】

ビーツ の鮮やかな赤色はベタシアニンと呼ばれる色素で、強い抗酸化作用力があります。疲労回復、血管を軟らかくし、巡りをよくする作用もあるため、貧血や生理不順など女性特有の悩みの解消にもオススメ。

1 :ビーツを食べやすい大きさに切り、昆布だし500ml で軟らかくなるまでを煮る。
2: おろし生姜小さじ1を加え、ハンドミキサーなどでピューレ状にする。

【さつまイモとココナッツミルクのポタージュ】

食物繊維の豊富なさつまいも、ココナッツにはデトックス効果があると言われています。体にたまった毒素を排泄することで肌の濁りが取れて、体調も整います。

1 :さつまいも1個を水で煮て軟らかくする。
2 :フライパンで、みじん切りにしたニンニク1かけと、玉ネギ1/2個を飴色になるまで油で炒める。
3 :1と2 を合わせ、ココナッツミルクを味を見ながら適度な量を加えて煮る。
4:3を ハンドミキサーなどでポタージュ状にし、好みで塩、コショウを振って味を調える。

体調を整え女性らしさがアップするスープは、朝から飲めばその日の調子が決まり、健康的で美容にも効果的。ホームパーティなどの席でも、みんなハッピーになりそう!

ライター: 安藤けいこ
出典: Yogini vol.44 「エイジングケアする朝のスープ」
監修: 福田真理/ アーユルヴェーダ認定プラクティショナー。ヨガ講師。米アリゾナ州セドナのヨガスタジオでヨガTTを受講。世界的に有名なアーユルヴェーダ療法士Dr.ヴァッサント・ラッドの教育機関において、食事療法、ライフスタイル、ヨガ、呼吸法、瞑想、薬草、その他健康を維持するための自然療法などを学ぶ。

RECOMMEND