YOLO

Fortune

金曜日のとっておき恋愛コラム「LINEの返事が来ない不安から心を壊さないために・・・」

2018/09/21

スピリチュアルカウンセラーLEIです。今日は現代人に欠かせないツール、LINE やメールとのつき合い方のお話をしましょう。

「既読」が心にダメージを与える

本日のテーマは…『メール・LINE・電話』です。

友達や好きな人、恋人、家族とつながれる、これらのツール。特にLINEはつながれるかどうかから、それなりにスリリングですが、つながってからも、ドキドキさせたり、がっかりさせたり、落ち込んだりさせられるシチュエーションがしょっちゅう現れますよね。

だから、LINEがらみのトラブルが急増中。まさに現代的な病の一つと言えるでしょう。LINEのトラブルがなぜ起こりやすいかは、やっぱり「既読」の表示機能、そしてブロック機能がついているからです。

「既読」表示機能とは、相手がLINEを読むと「既読」と表示されるというもの。「既読なのに彼からぜんぜん返事が来ない…。なぜ?」と不安に駆られたり、疑いを持ったりする方はとても多いです。何の種もないのに、どんどんネガティブに考え、心にダメージをもらたします。さらに、万が一、特定の相手からLINEを拒否するブロック機能まで使われては、皆さん絶望してしまいます…。

LINEで心を痛めないために

LINEは、不安や疑いが増しやすいツール。だから、普段から不安になりやすい方は、正直言って使わないほうがいいのかも?と思うぐらい、やっかいなツールです。鑑定に訪れるたくさんの方が、そのせいで本当に心を痛めていらっしゃるから。それでも使うしかないという場合、大事なことは二つあります。

『大事な話はLINEではしない(直接会った時に話す)』
『返事の有無や内容で疑問があっても、振り回されないこと』

です。何故なら相手の状況や気持ちは、実際に会って話さないと、結局のところわからないからです。推測にすぎないことで自分を痛めつけないことです。

“病的な確認行為に走る”のだけは避けて

このことは、メールや電話にも言えます。根拠があって、はっきりとわかっていることで悩むのはまだ建設的ですが、不確定なことで悩むのはエネルギーと時間を消耗するだけ!

そもそも、こういうことはネガティブな推測になりがちです。そして、下手をすると“病的な確認行為”に走ってしまいます。例えば、毎分毎分、メールが来ていないかチェックするようになったり…。それでは、心身ともに病んでいきます。そう思いませんか?

「今わからないものは、わからない!」

と腹をくくることが大事です。そして怖くても、真実は相手と向き合った時に確かめましょう。

携帯をのぞき見するなら、大事なものが失われる覚悟で

“病的な確認行為”を相手に向けたのが、「相手の携帯の中身を見る」という行為。これは、いくら自分を正当化しようとしても、相手にとって本当に無礼な行動。見つからずにやれたところで、一つもいいことはありません。文面の内容にショックを受けたりして、相手との信頼関係はますます失われていきます…。

他人の携帯を見てしまいそうな時。「見ると大事なものが失われていく」と自分に言い聞かせ、抑えるようにしましょう。大事なものとは、信頼関係の他、あなたの理性や人としての大切な心、など。ツールに振り回されず、勇気を持って相手と向き合っていただきたいと思います。その勇気が結果的に最高の結果をもたらす例も、たくさんあるのですから。人としての境界線を踏み出さないように!

ジュニパーが窮地を助けてくれる

それでも気になってしょうがない!という時は…。ジュニパーというハーブがオススメです。聞きなれない名前かもしれませんが、お酒の「ジン」は知ってますよね?「ジン」特有の香りは、実はこの植物の香りなのです。

ジュニパーは、頭の中をクリアにするだけでなく、混乱している時に使うと効果的。心身ともにスッキリとさせてくれます。室内香として香りをくゆらせたり、ティッシュなどにつけて匂いを嗅ぎましょう(ただし、妊婦の方やアレルギーのある方は、専門家のアドバイスに従って、ご注意の上、ご使用下さい)。

 

スピリチュアルカウンセラーLEI
霊感を生かした 霊感タロット占い、ハワイアンタロット占いや、草花のヒーリング力、アロマオイルの知識にて、イベント、対面、電話鑑定など多方面で活躍中。スピリチュアルカウンセラー育代オフィス所属。
http://ikuyo.co.jp/


続きを読む

RECOMMEND

FEATURE