Fortune

【毎週水曜日更新】恋愛上手になるための男心講座/「男は、どうして浮気をするの?」

浮気するにもタイプがある

子孫繁栄本能が、男に浮気をさせるとはいうけれど、そんなことを言われたって許せないのが女の本音。そこで、男性が浮気をする時の心理と対策を、タイプ別で見てみましょう。

あなたの彼は、どのタイプ?

【タイプ1:レディーファーストは基本、フォロー抜群な彼】

私にだけ…と、思ったら大間違い。すべての女性に優しいのが、このタイプの彼。彼にとっては、女性に気を使うことが男としてのマナー。だから女性には献身的だし、フォローも抜群です。グラスの水をこぼせば、さっとハンカチを差し出し、寒くなれば、そっと肩に上着をかけてくれる…。そんなかゆいところに手が届く人。

ですから、浮気に至るまでも受け身。自分から誘うのではなく、相手から誘惑されて浮気に発展していきます。「求められたから…断ったらかわいそう…」。そんなズルイ言い訳とも言えるような心理が働き浮気をします。

■あなたの彼がこのタイプなら…

穏やかなムードが好きなので、あなたと喧嘩をした時は危険です。そんな時に他の女性から誘いがあれば、のこのこ出かけていくでしょう。そして、彼が浮気をした時は、「今度やったら別れるよ!」と、ピシッ!と厳しく忠告しましょう。適度な危機感を与えていないと、女性に求められたことを言い訳に、どんどん流されていきます。

また、もし彼が泣いて謝ったとしても、だまされていけません。反省しているのではなく、怒られるのが嫌で泣いているだけ。泣こうと思えば簡単に泣けちゃう人なのです。

【タイプ2:よく遊び、よく働く、タフで自信家な彼】

寝る間を惜しんで遊び、仕事もする、とってもエネルギッシュな人。そんな彼なので、
ハンター本能が高く、女性に対しても積極的。彼にとって浮気は遊び、ゲーム感覚で楽しんじゃう人。「しとめたい!」、「据え膳食わぬは男の恥…」、「せっかくだから…」など、いい女が目の前にいれば、瞬時にそんな心理が働き浮気をします。

■あなたの彼が、このタイプなら…..

浮気の現場を押さえられても「何かの間違いだ!」と言って、ひたすらシラを切るか、開き直るか、ただただ黙るか、のどれかでしょう。そして、あなたが泣こうがわめこうが、彼の心には響きません。ですから、たとえ彼の浮気を目の前で目撃でしても、何ごともなかったように、ニコニコと、いつも通りに接しましょう。

バレているのに何も言われない…そんな無言の圧力が、彼は最も怖いのです。

【タイプ3:見境なく肉体関係を持ってしまう彼】

とにかく、やりたくて仕方がない。多少タイプじゃなくても、相手が許してくれるなら誰とでも。親友の彼女だろうが、恋人の友達だろうが、女と見れば、肉体関係を結びたくて仕方がない人。当然トラブルも多いのですが、何度、揉めても同じ過ちを繰り返します。特に、お酒が入った時などは、まるで、何かに取りつかれたかのように、目の前の女性とベッドインすることで頭はいっぱい。「とにかくベッドインしたい!」
それが心理なのでしょうが、いわゆる病気です。

■あなたの彼が、このタイプなら….

常に側で監視するしかないのでしょうが、現実はそうもいきませんよね。それに、たとえ、あなたとラブラブでもチャンスがあれば、欲望を抑えられないのが彼なのです。ハネムーンの最中でも、花嫁の目を盗んで浮気をするのが、このタイプの男性。

ただ一緒にいる時は、優しいし楽しませてくれる人。それが彼の魅力でしょう。浮気に関しては病気だから仕方がない!と、諦めたほうがいいかもしれません。

どうしてもう浮気が許せないなら、このタイプの彼に近づくのは、やめたほうが無難です。

【タイプ4:どのタイプにも当てはまらない彼】

今まで挙げた、どのタイプに当てはまらないとしたら…。頻繁に浮気をするわけではないけれど、出張先や旅先など、開放的な気分になった時が危険です。ほんの出来心…、つい調子に乗って…などの「浮かれた気分」。それが、浮気へと至る心理。

ただ、計画的ではなく、過ち的な浮気なので、間違えを犯さないためには、マメに連絡を取り合い、常にあなたの存在を感じさせておくことが大事。彼にとっても、そんな連絡のやりとりが苦痛なものではなく、楽しみの一つと感じてもらえるといいですね。浮気防止対策は、開放的な気分にさせないことなのです。

あなたの彼はどのタイプでしたか?男性は浮気をするもの…と割り切っても、心の奥底はグラグラと煮えたぎっている!そんなあなたは、対処法を参考にして彼と向き合って下さいね。

 

スピリチュアルカウンセラーゆい(ゆい麗央奈)
サイキックチャネラー鑑定歴23年。1万人の鑑定経験あり。「恋愛の達人」の異名を持つ恋愛スペシャリスト。スピリチュアルカウンセラー育代オフィス所属。
https://www.ikuyo.co.jp

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE