Fortune

ごまかしている不満がストレスのもとになっているかも?【数秘術で幸せになる!】

2019/08/24

こんにちは。数秘術カウンセラーの阿蘇湧真です。この時期大切なことは、人生の微調整。自分らしい人生に向かって小さな修正を行っていきましょう。この時期の小さな選択は大きな変化を生みます。

不満をごまかさない

あなたは日常でどれくらいの「不満」を抱えていますか?一般的に「不満」というのはマイナスのイメージが強く、知らず知らず僕達は抑制しながら生きているものです。

「神聖な不満」という言葉があります。神聖な不満というのは、「本当はもっとこうしたい」、「何かが違う」という心の深い部分から込み上げてくる声のことです。物理的に満たされていても、この神聖な不満は止まりません。

なぜなら、この声こそが、新しい未来に自分を導いてくれる「未来からの呼び声」だからです。

多くの人は、この神聖な不満に気づきながらも、できるだけ気づかないフリをしながら生きています。しかし、心の声は何度も湧き上がり、自分に訴えかけてきます。この心の声にどれだけ耳を傾けられるかが、人生における心の豊かさを決めます。若いうちはこの声はすぐに気づけても、押さえているうちに心が鈍感になり、やがて聞こえなくなっていきます。

心理学には「高次病」と呼ばれるものがあります。精神が成長を始めると、毎日の繰り返しや変化のなさに対して、理由のない不安やいら立ちや悩みとなって表れるというものです。

理由のない「心の不満」は、精神的に新しいステージに進むためのサインかもしれません。世の中に不満がない人はいません。成功者も、億万長者も誰にでも同じように不満があります。ただ、違いがあるとすれば、「不満の使い方」が違うだけです。

「不満」は誰かを責めることにも使えるし、自分らしい未来への大きな「起爆剤」にもなります。あなたは心の底から湧き上がってくる不満に耳を傾けますか?それとも、聞こえないフリをしますか?

「うらやましい」は明日へのチャンス

僕達の心にはしばしば「うらやましい」という感情が湧いてきます。この感情がなかなか対処が難しいものです。頭では「応援したい」、「祝福したい」と思っているのに、なかなか心がついてこなくて苦しくなってしまうものですね。

ただ、この「うらやましい」という感情は、自分の世界とかけ離れた人には湧いてきません。オリンピック選手や、ノーベル賞受賞者、大統領に対して「うらやましい」と思う人はそこまで多くないでしょう。

なぜかというと、人間は、自分の中にある要素しか、認識できないからです。「自分の中にある可能性」を外に見て初めて、「うらやましい」と思うのです。

つまり、自分が嫉妬する相手というのは、潜在意識が「自分もこのくらいまでならいける」と思っている人なんですね。「うらやましい」の裏には、「近い将来そうなるかも」という未来図があるのです。

言い換えると、うらやましい人、憧れの人は、自分の「未来図」であり、「予告編」、「予定」なのです。

そう思ってみるとどうでしょう。嫉妬のネガティブな思いは、原動力というプラスのエネルギーにひっくり返るかもしれません。

うらやましい人、憧れる人がいたら、「予告編、どうもありがとう!」と思ってみましょう。 「この人は自分の『未来の予定』を示してくれているんだ」と認めると、その瞬間、ぐっと未来は近づきます。

【数秘術とは】
2500年前のギリシャの数学者であるピタゴラスによってまとめられた数字をエネルギーとして捉え人生や万物を読み解く学問。この考え方が「カバラ数秘術」としてユダヤ民族の間で受け継がれ、長い歴史の中で統計学として進化。タロット占いや西洋占星術の元となる。ニューヨークのセレブの間では「人類最高の知恵」として熱烈な支持を受けている。簡単な計算だけで、生年月日から才能、運命、使命などあらゆることが読み解けてしまう「魔法のメソッド」。

阿蘇湧真
心理学、脳科学、東洋思想など幅広く学び、心の仕組みや、毎日が楽しくなる考え方をわかりやすく発信。現在まで4冊の本を出版。
無料メールマガジン「心の新聞紙」は現在まで2500件以上配信。
カウンセラーとして個別のご相談にお答えする傍ら、セミナー講師、作家として活動。
数年前より〝誕生日から運命を読み解く〟「数秘術」を学び始め、「数秘術カウンセラー」としてカウンセリング、セミナー活動を行う。
2018年、待望の最新の数秘術「アセンション数秘術」を確立。新しい数秘の読み解きを公開し、「自らの数字を使い、人生を変革させる」セミナー、ワークショップを開始。
《阿蘇湧真ホームページ》

http://rakugaki-aso.jimdo.com

RECOMMEND