Fortune

未来の自分ならどうする?という視点で考える【数秘術でハッピーになる!】

2019/09/28

こんにちは。数秘術カウンセラーの阿蘇湧真です。今回は10月の流れを数秘術を通して読み解いていきます。

10月のテーマとなる数字は「4」です。4は「基礎」や「土台」を示す安定感のある数字。10月のテーマは、新しい「人生の土台づくり」です。今月どのような姿勢で日々を過ごしていくかが、これからの人生を支える大きな土台となっていきます。自分自身の習慣を見直し、新しい人生の土台を作り直しましょう。

焦らないこと

この数年は大きな変革期です。人生の変化を感じたり、大きな選択の時期を迎えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、この時期は同時に「焦り」も湧いてきやすくなります。

今月のポイントは「焦らないこと」、「あわてないこと」です。10月は大きな変化や結果に向かう前の「土台づくり」。早急に答えや結果を求めてしまうと、かえって結果を小さなものにしてしまいます。

来月からはさらに変化の波は大きくなりますから、そのための準備と思って、今月を過ごしていきましょう。「急がずじっくり」が今月の流れに乗るポイントです。

自分の変化や想いを確認

この時期は、自分の興味関心が変わったり、方向性にも変化が起こったりします。大切なことはあわてずに一度足を止めて、人生を俯瞰してみることです。

そして「どんな人生を歩みたいだろう」、「自分の心は何を求めているだろう」と、自分自身と向き合ってみましょう。ポイントは過去の自分に縛られないことです。「これまでどうだったか」ではなく、「新しい自分は何を感じているだろう」という視点で、新たな自分のあり方を確認してみましょう。

ふさわしい自分になる

宇宙には「ふさわしいことが起こる」という法則があります。考え方、言葉の選び方、服装、生き方のノリ。自分の24時間の過ごし方は、求める未来にとってふさわしいものでしょうか。

「未来の自分だったらどうするだろう?」という選択基準を持って、24時間を過ごしてみると、未来の自分にワープすることができます。

「未来の自分」「理想の自分」を意識して習慣を見直してみましょう。

【数秘術とは】
2500年前のギリシャの数学者であるピタゴラスによってまとめられた数字をエネルギーとして捉え人生や万物を読み解く学問。この考え方が「カバラ数秘術」としてユダヤ民族の間で受け継がれ、長い歴史の中で統計学として進化。タロット占いや西洋占星術の元となる。ニューヨークのセレブの間では「人類最高の知恵」として熱烈な支持を受けている。簡単な計算だけで、生年月日から才能、運命、使命などあらゆることが読み解けてしまう「魔法のメソッド」。

阿蘇湧真
心理学、脳科学、東洋思想など幅広く学び、心の仕組みや、毎日が楽しくなる考え方をわかりやすく発信。現在まで4冊の本を出版。
無料メールマガジン「心の新聞紙」は現在まで2500件以上配信。
カウンセラーとして個別のご相談にお答えする傍ら、セミナー講師、作家として活動。
数年前より〝誕生日から運命を読み解く〟「数秘術」を学び始め、「数秘術カウンセラー」としてカウンセリング、セミナー活動を行う。
2018年、待望の最新の数秘術「アセンション数秘術」を確立。新しい数秘の読み解きを公開し、「自らの数字を使い、人生を変革させる」セミナー、ワークショップを開始。

《阿蘇湧真ホームページ》

http://rakugaki-aso.jimdo.com

RECOMMEND