Fortune

あなたの前進を阻む「心のハードル」とは?【心理テスト】

2020/05/21

癒しの聖地、ハワイで生まれたマナカード。マナカードの『マナ』とはハワイ語で、「この世のすべてのものに宿る生命エネルギー」を表しています。毎週木曜日のマナカード占い。ハワイの自然や神話、そしてスピリチュアルな教えをベースに、十人十色の「幸せへの道」を探っていきます。

侵入者は許さない!モンスターレディ「モオ」

ハワイでよく見かける生き物の一つに、ヤモリがいます。ハワイにはさまざまな種類のヤモリがいますが、中でもひときわキュートなのが、ヒロオヒルヤモリ。全身が鮮やかな蛍光グリーンに輝き、背中には真っ赤な斑点を背負っています。そしてつぶらな黒い瞳の上にはブルーのアイシャドウが施され、手足の先も黄色やブルーに彩られています。

日本のヤモリと同様、民家の軒先などに普通にいて、パパイヤやマンゴーの食べ残しをテラスに置いておくと、いつの間にかやってきて、ひょうきんな表情で果汁をペロペロとなめていたりします。私にとってこの鮮やかなヤモリは、ハワイの象徴の一つでもあります。

さて、ヤモリはハワイ語では「mo’o(モオ)」と言いますが、ハワイの神話でモオは体長10mもの巨大トカゲです。え?ヤモリなの?トカゲなの?と混乱しますが、「mo’o」という言葉には、どちらの意味もあります。それどころか、蛇も竜も「mo’o」。要するに、爬虫類っぽい生き物は、みんな「mo’o」なのかもしれません。

神話の大トカゲ「モオ」は、女だてらに、自分のテリトリーに侵入してくるものはことごとく襲う恐ろしい存在です。でもある日、火山の女神ペレの妹であるヒイアカが、「モオ」のいる海のそばを歩いていると、自分のテリトリーを侵されたと思い、ヒイアカに襲いかかります。しかし、百戦錬磨のヒイアカに逆にやられてバラバラにされてしまうのでした。そして、海に投げ捨てられた尻尾は、オアフ島沖のモコリイ島となり、胴体はコオラウ山脈となったのです。

「モオ」は、狂暴で見境のないモンスターレディですが、本当はとても繊細で臆病だったように思います。自分や自分のテリトリーが何者かに侵されることを恐れるあまり、「やられる前にやってしまえ!」となったのではないでしょうか? そう考えると、ちょっと哀れな感じがします。

あなたの前進を阻む「心のハードル」

ここで心理テストです。あなたは、自分の目指すゴールへの道をひたすら歩んでいます。山あり谷ありで、決して平坦な道ではありませんでしたが、時には楽しく、時には歯を食いしばって歩いてきました。そろそろ目的地が見えるかな…というころ、突然大トカゲの化け物が表れ、あなたに襲いかかります。

手強そうな相手ですが、まったく勝ち目がないほど巨大というわけでもありません。そこであなたは「これが最後の試練」と思い、勇気を出して立ち向かおうとします。でも、大トカゲのある部分が目に入ったとたん、「やっぱり無理!」と心が折れたあなたは、きびすを返して逃げ出してしまいました。

さて、この時、あなたの目に入ったものは何?

A 大きな目
B 鋭い爪や牙
C 二つに裂けた舌
D 無表情な顔
E 長い尻尾












あなたが選んだものは、やりたいことをやろうとする時や勇気を出そうとする時、最後の最後にふと現れて邪魔をする「心のハードル」の象徴。つまり、あなたの前進を阻む「恐れ」の正体です。

A 世間の目
好奇の目で見られたり、他の人と比較されたりするのは嫌!「変な人」と思われるくらいなら、自分らしさを抑え込んで「普通」を演じる選択をしているのでは?

B 批判や攻撃
上から目線でダメ出しされたり、誰かとぶつかり合うのが怖い!自分の言動に反対されると、人格を全否定されたような気がして、必要以上に構えてしまうのでは?

C 不信感
今は応援してくれる友達や恋人も、失敗したら手のひら返しで離れていくかも…。他人をあまり信頼していない一方で、相手の価値観で自分を縛っているのでは?

D 無関心
私が何をしようと、どうせ誰も気にしない。だったら何をしても無駄じゃない⁉︎周囲の無関心や無反応に傷つく前に、最初から自分を諦めさせているのでは?

E 過去
あの時もダメだった。きっとまた同じことになるに違いない!まだ起きていないことなのに、過去の失敗体験から始める前に結果を決めつけているのでは?

イリアヒケイコ
本場ハワイ現地で修行をし、ハワイアンスピリチュアルな世界から英知の力を学ぶ。鑑定歴は、10年。ハワイアンタロット占いでイベントや対面、電話鑑定、ラインチャット占いなど多方面で活躍中。
スピリチュアルカウンセラー育代オフィス所属
https://www.ikuyo.co.jp/top.html

RECOMMEND