Fortune

「今月の波に乗る」ために必要な断捨離。【手放すものの見極め方】は?

2019/01/11

人生の断捨離のタイミング

こんにちは。阿蘇湧真です。今回は、「今月の波に乗る」ためのお話です。

まず、今月のテーマは「整える」でしたね。行きたい未来に向けて、不要なものを手放し、心と体、環境を整えていくタイミングです。

まさに「人生の断捨離」のタイミングと言えるでしょう。あなたにとって、本当に大切なものは何ですか?そして、もう必要ないものは何ですか?今は、自分にとって何が本当に必要で、何が必要ないかを見極める時期。そういった選択を迫られる場面も多くなるでしょう。それは、人間関係かもしれませんし、仕事や環境かもしれません。

「せっかく始めたことだから」、「一度決めたことだから」、「他はないんじゃないか」と頭で考えるのではなく、一度白紙に戻して判断してみることが大切です。

10年後を考えても必要?

ポイントは「10年後もそれを持っていたいかどうか」です。

「10年後もその仕事をしていたいか」
「10年後もその環境にいたいか」
「10年後もその人といたいか」

そういった視点で自分のハートに問いかけてみましょう。

そこで、「あれっ、ちょっと違うかな」、「あまりワクワクしないな」という違和感を感じるものは、卒業のタイミング。思い切って手放してみましょう。不安になる必要はありません。大切なものは、手放しても必ず残るからです。

今年は、どれだけシンプルに軽やかになれるかが大きな分かれ目。あなたにとって、本当に大切なものは何ですか?

【数秘術とは】
2500年前のギリシャの数学者であるピタゴラスによってまとめられた、数字をエネルギーとして捉え、人生や万物を読み解く学問。この考え方が「カバラ数秘術」としてユダヤ民族の間で受け継がれ、長い歴史の中で統計学として進化。タロット占いや西洋占星術の元となる。ユダヤ人の大富豪やニューヨークのセレブの間では「人類最高の知恵」として熱烈な支持を受けている。簡単な計算だけで、生年月日から才能、運命、使命など、あらゆることが読み解けてしまう「魔法のメソッド」。

阿蘇湧真
心理学、脳科学、東洋思想など幅広く学び、心の仕組みや、毎日が楽しくなる考え方をわかりやすく発信。現在まで4冊の本を出版。無料メールマガジン「心の新聞紙」は現在まで2500件以上配信。カウンセラーとして個別の相談に答える傍ら、セミナー講師、作家として活動。数年前より“誕生日から運命を読み解く“「数秘術」を学び始め、「数秘術カウンセラー」としてカウンセリング、セミナー活動を行う。2018年、待望の最新の数秘術「アセンション数秘術」を確立。新しい数秘の読み解きを公開し、「自らの数字を使い、人生を変革させる」セミナー、ワークショップを開始。http://rakugaki-aso.jimdo.com

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE