Fortune

彼とケンカ…本当はしたくないのに!恋人の本音と対処法をチェック

2018/11/21

男性脳と女性脳は違う

男性脳と女性脳。その思考回路は微妙に違うもの。女性は子宮でモノを考え、男性は頭でモノを考える…というように、男と女の心理は、まったく別物なのです。

ではケンカをした時、あなたの恋人は、何を考えていると思いますか?ケンカの最中の恋人の言葉に惑わされてはダメ。その本心は、まったく別物だからです。基本的に男女のケンカは、永遠に噛み合いません。

そこで、ケンカの最中の、男女の心理を見てみましょう。

その時、男は何を考えている?

頭でモノを考える男性は、「一刻も早く、このケンカを終わらせたい!」。その時の男性は、一刻も早く、険悪なムードから抜け出したくて仕方がありません。だったら、そのためにどうしたらいいのか?その答えを出すのに必死です。だから、彼女が言う「〇〇が許せない!」とか「〇〇がほしい!」という要望に、全力で応えようとします。言われるがままに…。

彼女が謝れと言うから「ごめんなさい」と謝る。今度やったら許さないと言われたから、「二度としない」と誠心誠意伝える。それなのに、彼女の怒りは静まらない…。

それもそのはず。彼女は、そんな言葉がほしいわけではないのです。

その時、女は何を考えている?

それでは、ケンカの最中の女性の心理はどうでしょう?感情優先、子宮でモノを考える女性が求めることは、理屈ではありません。もはや何かをしてほしいのではなく、気持ちをわかってほしいだけ。寂しさやツラさをわかってほしいだけなのです。

だったら、最初から「わかってほしい」と素直に言えばいいのですが、そうじゃないのが女性のアマノジャクなところ。それというのも、愛する人には100%理解者であってほしいのが女性。私のことを愛してくれているなら、言わなくたってわかるはず…と勝手に思い込んでいるのです。

ただ残念だけど、その時の彼の心の中は、「この場から逃げ出したい」…ただただ、それだけ。それに、どんなに愛していても、彼女の気持ちを100%汲み取ることなどできるはずがありません。

ケンカになったら?男性のあなたがすべきこと

寂しいの!ツライの!そんな気持ちを共有してほしいのが女性です。なので、「ツライよね、悲しかったよね、寂しいよね」と、彼女の気持ちにフォーカスし、寄り添うことが、彼女とのケンカを終わらせる近道でしょう。

ケンカになったら?女性のあなたがすべきこと

基本的に男性は、言葉にしなければわからないし、回りくどいことが嫌いです。ですから、「気持ちをわかってほしい」と自分の気持ちを最後まで素直に伝えましょう。それが、彼とのケンカを終わらせる近道です。あなたを本気で愛する彼なら、ちゃんと言葉で伝えれば考えてくれるはず。彼の愛の大きさを測るのは、それからでも遅くはないのです。

恋人とケンカをしないために

男性にとっては理解し難いでしょうが、基本的に女は感情的で面倒な生き物。その時の気持ちを大事にしたいのです。

なので、気持ちに寄り添う習慣を身につけましょう。それが、ケンカを避ける秘訣です。また、女性にとってはもの足りないかもしれないけれど、基本的に男は単純で鈍感な生き物。複雑なことは苦手です。なので、素直な気持ちをわかりやすく言葉で伝える習慣を身につけましょう。それが、ケンカを避ける秘訣です。

ケンカをするのは仲がいい証拠というけれど、ケンカでヤキモキするよりは、いつまでも楽しく仲よくいたい…。それこそが、男女共通の本音なのではと思います。

 

スピリチュアルカウンセラーゆい(ゆい麗央奈)
サイキックチャネラー鑑定歴23年。1万人の鑑定経験あり。「恋愛の達人」の異名を持つ恋愛スペシャリスト。スピリチュアルカウンセラー育代オフィス所属。http://www.ikuyo.co.jp/

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE