Fortune

「自分はこうやって生きる」を1月中に考えよう【数秘術で占う2019年の流れ】

2019/01/19

今月から始まった数秘術の連載。それぞれの数字を調べ、自分とつながる方法、運勢などを紹介していきます。今回は、2019年を素晴らしい年にするために、1月後半にやっておくべきこと。

整える、片づける

こんにちは。阿蘇湧真です。1月も、いよいよ後半となりました。今月のテーマは、「整える、片づける」ことでしたが、それもいよいよまとめのタイミングです。

1月の後半は、心の中の整理、お片づけがポイントです。

「自分はどんな人生を生きたいのか」
「何を望んでいるのか」
「自分の人生の優先順位は何か」

これらを明確にして、内面をスッキリ整理しましょう。そして決めたら、「私はそれを大切に生きる!」と「覚悟」を決めることが大切です。そうすることで、来月からより発展的な流れに入っていきます。

こうやって生きるとわかればスッキリする

今年はとても加速的で多くの変化が訪れます。環境、人間関係などいろいろな動きが出てくるでしょう。「自分がどう生きたいか」が明確でないと、他人の言葉で迷ったり、目の前の出来事に動揺して飲み込まれてしまいます。

覚悟とは「悟って目覚める」と書きますね。つまり覚悟とは、やる気やアクセルをかけることではなく、「自分はこうやって生きていくんだな」と、スッキリと「わかっている」状態です。

自分の軸がしっかり作られていれば、もう、人に何を言われようが、どう思われようがブレません。ゴールが定まることで、人生に起こる変化もポジティブに捉えることができます。

この「覚悟を決める」ことが2019年をいい流れにするためにとても大切です。

優先順位を決めたらまっすぐ歩く

「あなたはどんな人生を歩みたいですか?」
「どんな場所で、どんなことをして生きていきたいですか?」
「人生の優先順位は何ですか?」

ぜひ、真剣に自分と向き合う時間を作ってみて下さい。そして、自分が決めた道を一直線にまっすぐ進んでみて下さい。今年の終わりのころには、とてつもない変化が起こっているはずですよ!

【数秘術とは】
2500年前のギリシャの数学者であるピタゴラスによってまとめられた数字をエネルギーとして捉え人生や万物を読み解く学問。この考え方が「カバラ数秘術」としてユダヤ民族の間で受け継がれ、長い歴史の中で統計学として進化。タロット占いや西洋占星術の元となる。ユダヤ人の大富豪やニューヨークのセレブの間では「人類最高の知恵」として熱烈な支持を受けている。簡単な計算だけで、生年月日から才能、運命、使命などあらゆることが読み解けてしまう「魔法のメソッド」。

阿蘇湧真
心理学、脳科学、東洋思想など幅広く学び、心の仕組みや、毎日が楽しくなる考え方をわかりやすく発信。現在まで4冊の本を出版。無料メールマガジン「心の新聞紙」は現在まで2500件以上配信。カウンセラーとして個別のご相談にお答えする傍ら、セミナー講師、作家として活動。
数年前より〝誕生日から運命を読み解く〟「数秘術」を学び始め、「数秘術カウンセラー」としてカウンセリング、セミナー活動を行う。
2018年、待望の最新の数秘術「アセンション数秘術」を確立。新しい数秘の読み解きを公開し、「自らの数字を使い、人生を変革させる」セミナー、ワークショップを開始。
《阿蘇湧真ホームページ》
http://rakugaki-aso.jimdo.com

RECOMMEND