Fortune

ぎっくり腰予防にはココを刺激して!【幸運と美と健康を呼ぶ現代REFLEXOLOGY】

セラピストを選ぶ基準とは

今日は、プロの人にもやってもらいたいなあと思うあなたに、どんな基準でセラピストを選べばいいか、自分にはどういうリフレクソロジーが合っているのかをお話しましょう。

リフレクソロジーは西洋式と東洋式がある

ご存知の方もいると思いますが、今のリフレクソロジーは西洋式と東洋式に大まかに分かれています。しかし、元をただせば、古代から受け継がれている療法がドイツを経て、アメリカで確立されたものです。

その理論やテクニックをほぼそのまま実践しているのが西洋式で、主にアメリカ、イギリス、オーストラリアなど西洋諸国で行われています。その後、その理論を基にして、東洋医学や独自の理論やテクニックを組み合わせたのが台湾、中国等の東洋式になります。

どちらもベースは同じなので極端な違いはありません。現代の日本でよく見かける英国式リフレクソロジーは、西洋式リフレクソロジーをアレンジしたもの、台湾式若石(じゃくせき)療法は東洋式リフレクソロジーをアレンジしたものです。

西洋式と東洋式の違い

西洋式と東洋式のリフレクソロジーの違いは何でしょうか。

【刺激の強さ】
西洋式はソフトでなでるような感覚ですが、東洋式は強く激痛を伴うこともあります。西洋式は指の腹をメインに使い、東洋式は手の関節や棒を使います。

【反射区】
西洋式は10本のエネルギーラインをベースにして右足は右半身を、左足は左半身を投影します。一方、東洋式はこれに大脳生理学の神経理論が加わリ、神経が交差する首の延髄から上の反射区が逆になります。

【施術の目的】
西洋式は健康増進、リラクゼーションの両面からアプローチしますが、東洋式は健康増進が主になります。

街中にあるリフレクソロジーサロンで香り、照明、音楽などを考慮しているところは西洋式、治療院的イメージのところは東洋式が多いようです。

日本では法的な関係から、治療というよりもリラクゼーションとして捉えられていますが、次回は少し治療的要素も加味して、もう少し詳しくお話したいと思います。

【本日のワンポイントリフレ】

ぎっくり腰予防は?

新年度、引っ越しなど重い荷物の負担が腰に来る季節。カカトの両サイドの刺激は、ぎっくり腰の予防に最適です。前もって刺激しておきましょう。

また、作業が一日かかるような長時間の場合は、小休止を取りながら、カカトだけでなく、ヒザから下のふくらはぎなども合わせて揉むことで、疲れを軽減することができます。

土屋朱美
リフレクソロジスト、アロマセラピスト、ヒーラー、エネルギーワーカーとしても、20年以上のキャリアと豊富な知識を持ち、その確かな技術と優しい施術に、幅広いファン層の支持を持つ。現在、横浜市金沢区みなと旅館内みなと湯、リフレクソロジーサロンにて施術を行っています。http://www.minatoyu.com/relax.html

RECOMMEND