YOLO

Fitness & Sports

春までに、プヨプヨになった「太もも」をシェイプ!内転筋で美脚づくり

内転筋とは、太ももの内側の付け根から膝までをつないでいる筋肉。いわゆる「内もも」のこと。
意識をしないと鍛えられない部位でもあり、油断していると、あっという間に締まりのない、ぷよぷよな太ももへまっしぐら…

さぁ、タイツを脱ぐ春はもうすぐです!
ちょっとした生活習慣の見直しと、簡単な筋トレで、ひと回り細い太ももを手に入れましょう。

今すぐ絶とう!悪しき生活習慣

1.無意識にあぐらをかいて座っていませんか?

内転筋を使わないラクな姿勢を取ってばかりいると、どんどん筋力が衰え、さらにはO脚にもなりかねません。あぐらを長時間していたことに気づいたら、今度は割座になり、膝と膝をくっつけ合うストレッチを入れてみましょう。
※割座=両ももをつけて、膝下が外側になる座り方

2.椅子に座る時、膝と膝の間をパッカーンと開けていませんか?

こちらも膝同士を引き寄せる、内転筋を使わないラクな姿勢。
太ももがブヨブヨしていく上に、見た目もだらしな〜い座り方では、魅力も急降下ですね。今すぐにやめましょう。

椅子に座って簡単!内転筋トレーニング

家で簡単にできるエクササイズもご紹介します。

1:椅子に浅く座りましょう。両手を座面につき、少し上体を後ろへ傾けます。この時に、腹筋を意識して、背中を丸めないことがポイントです。

2:両ヒザを揃え、足の内側と腹筋に力を入れながら、胸の前まで上げていきます。手に重心をかけず、カカトがお尻のほうへ落ちてこないように注意しましょう。

3:両ヒザをゆっくり伸ばして、足を前方へ移動させ、3秒キープ。意識は常に、ヒザの内側です!

4:2と3を10回繰り返し、まずは一週間続けてみましょう。

どうでしたか?
通勤電車やオフィスで座っている時間にも、内転筋に意識を向けただけで、締まりのある太ももに近づいていきますよ。

 

ライター:深谷祥子
出典:『カンタン美脚エクササイズ』
監修:山坂元一/ストレングス&コンディショニングトレーナー。VIDO代表取締役
写真;istockphoto”

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE