YOLO

Fitness & Sports

コレで悩殺ヒップ&太ももに もっと頑張れる人向け筋トレ

筋トレもステップアップ

筋トレを続けていると、できることが増えてくるのが楽しいですよね。より高い負荷をかけられるようになる、回数をたくさんできるようになるなどなど。「私でもこんなにできるようになった!」という喜びは、本当にうれしいものです。

お腹からお尻を引き締めるために欠かせない筋トレと言えば、「ヒップリフト」。今回は、いつものやり方じゃ物足りなくなってきたり、もっと頑張れそうな人向け。より厳しく鍛えるバージョンを紹介します。大きな動きではないですが、これは効きます!まだ大丈夫、という人、明日からはこの方法にしてみましょう。

お腹とお尻をより厳しく鍛える「脚上げヒップリフト」

1:スタート
仰向けに寝た楽な姿勢から、骨盤を持ち上げて体をまっすぐに保ちます。肩は下げて、手のひらは上に。一方の脚を上に伸ばし、床に着いた脚のヒザは90°より曲げて、ヒザの真下にカカトを近づけるようにします。

床に着けた背中は、左右の肩甲骨をしっかり寄せましょう。胸を張り、両肩を床に押しつけるようにします。

2:キープ
骨盤を上げて5秒キープ。肩〜骨盤〜股関節〜ヒザまでを一直線に保ちます。お腹とお尻に力を入れて、お腹が出たり、反対にお尻が落ちたりしないようにキープ。上げた足の裏は天井を押し上げるイメージで。

3:繰り返し
2から1にいったん戻し、すぐまた持ち上げて5秒キープ、という繰り返しを5〜10回。ポイントは、戻した時にお尻を床に着けないこと。キープ時以外は動きを止めずに繰り返します。終わったら反対側の脚を上げて行いましょう。

腹横筋を中心に、お腹まわりの筋肉を意識して行います。姿勢をキープするためには、お尻から太もも裏をしっかり使うことも大事です。

これを続けていけば、あなたのヒップと太ももは劇的に変わるはず。お楽しみに!

 

ライター:幸雅子
出典:『はじめての体幹&骨盤ダイエット』
監修:島脇伴行(ボディディレクター代表。日本で初となる完全個室パーソナルトレーニングジムを始める。レジスタンストレーニングだけでは対応が難しい症状や要望に応じるため、各種マニュアルセラピーに独自のテクニックを加えたスタイルを樹立。)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE