Fitness & Sports

太ももと下腹が一度にキュッ!有り難すぎる簡単エクササイズ

踊るように動く!内転筋と骨盤底筋を刺激

こんな風になったらいいのに〜という気になる部位は、太もも、ヒップ、下腹、ウエスト。そのうち、太ももと下腹が一度にキュッと引き締まるエクササイズを紹介しましょう。

立って行うエクササイズなので、それなりに体力、筋力を使うのですが、動きはいたって簡単。脚を引き寄せる運動なので内転筋を刺激し、骨盤底筋を締めるので、太ももと下腹部が引き締まります。リズミカルに動けば、有酸素運動としても効果的。気持ちも上がって、楽しく行えるハズです。

エクササイズというよりレクリエーションをする!ぐらいな気楽な気持ちで取り組んでみましょう。毎日のこの時間が楽しみになってきたころには、かなり引き締まっていますよ。

【プリマドンナエクササイズ】
1:まっすぐに立ち、右脚に重心をのせる。右のつまさきをやや外側へ開く。

2:一度、右脚に体重をのせてから、息を吸いながら左脚を大きく横に広げる。

3:息を吐きながら、左脚を床に着いて、重心を体の真ん中に移動。四股を踏むように、しっかりと両足で床を押す。

4:3呼吸分かけて、左脚を引きずるように右脚のほうへ寄せる。右脚は徐々にヒザを伸ばしていく。

5:内ももの筋肉、お尻の穴を引き締めながら、さらに体を直立に戻していき、両脚をそろえる。反対側も行う。8往復を4セット。

 

脚を引き寄せる時は、寄せる脚、軸脚とも内ももの筋肉を意識すること。また、最後の直立に戻るまで、お尻の穴を締めることも大切。これによってコアの筋肉が使われ、体の内側から引き締まっていきます。

 

ライター:三上あずさ
出典:『大人の下腹ダイエット 8呼吸体操』
著:結城綾/各種トレーニングの指導、エクササイズ考案を行う。オリジナルのコアトレーニングを全国で指導中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE