Fitness & Sports

偏ったダイエットはダメ!効率的なボディメイクのコツは「皮下脂肪」にあり!

バランスのいい筋トレで皮下脂肪を撃退!

健康への関心がある人なら誰しも筋肉質な体に憧れるもの。とくに最近は女性も積極的に鍛える人が増えてきました。筋肉を鍛え、ボディメイクするのに年齢的に遅いということはないので、性別・年齢に関わらずやり方次第でマッチョになることは可能です。

見た目に筋肉質な体になるには、皮下脂肪を減らすことが近道です。筋肉量が多くても、その上に脂肪がついていると筋肉質に見えないわけです。たとえばお相撲さんを想像してみてください。見た目は太っていますが体脂肪は意外と低いと言われています。正しく筋トレを行い、食事に注意をして体脂肪率を下げていけば、シックスパックも夢じゃありません。

ただし、筋トレだけ、食事制限だけというのはNG! 筋肉を効率よくつけていくためには、筋トレの後、なるべく速やかにたんぱく質中心のバランスの良い食事を摂ることが大切です。食事のタイミングではない場合はプロテインを利用してもいいでしょう。

偏ったダイエットはサルコペアに?!

皮下脂肪が減れば腹筋が見えてくるわけですが、特に気をつけたいのが女性にありがちな過度なダイエット。間違ったダイエットを行っていると体脂肪を落としたつもりが筋肉量も減らしてしまうことに……。この状態が続くと全身の筋肉や運動機能が低下する疾病「サルコペニア」へ繋がることもあります。

筋肉量、筋力、身体機能は、たんぱく質の摂取量に深く関わっています。それとともに生活活動や運動を行うためのエネルギーや骨代謝や抗酸化作用も促すビタミンとミネラルを摂ることも大切です。

日々、トレーニングを重ねている人なら結果もすぐ現れるかもしれませんが、基礎代謝やホルモン分泌が低下しつつある状態の場合はある程度時間がかかります。焦って結果を追い求めるのではなく、最低でも3ヵ月は筋トレを継続しましょう。

出典:『老けないカラダを作る筋トレBOOK』(エイ出版社)
出典監修:横山格郎(トレーニングマーケター)
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND