Fitness & Sports

美ボディ作りに欠かせないホルモン「マイオカイン」って知ってる?

体質の分かれ目はホルモンの違い

人によって筋肉のつきやすさ、つきにくさの違いは確かにあります。実際トレーニングをしていないのに体は筋肉質という人がいる原因のひとつは、性ホルモンと成長ホルモンの分泌量の違い。なかでも「男性ホルモン」の分泌量が多い人は筋肉量も多いと言われています。その代表格「テストステロン」は筋肉量を増やし、ボディメイクによい作用があると言われています。

また、別名「若返りホルモン」と呼ばれる成長ホルモンも筋肉量の増加に関係しています。血中の成長ホルモンは20代をピークに減っていき、60代では半分以下に減少するのが一般的ですが、60代でも分泌量が変わらないという人もいるのです。そういう人はいつまでも若々しく、筋肉もつきやすいといえます。

筋肉が生むホルモン「マイオカイン」を増やそう

ホルモンは主に内分泌腺で作られますが、実は筋肉でも作られています。このホルモンは筋肉を意味する「マイオ」と、作動物質を意味する「カイン」を合わせた「マイオカイン」と呼ばれ、最近の研究では、運動によって全身に驚くような効果がもたらされることが証明されています。

例えばうつや不安の抑制、動脈硬化や心疾患の予防、改善、血圧の低下、肝機能の改善、骨密度の増大など、多岐に渡ります(首都大学東京大学院人間健康科学研究科の藤井宣晴教授らの研究)。研究はさらに進み、筋肉で作られたホルモンが血液によって全身に行き渡り、臓器などを健康にしていることが証明されつつあるそうです。

つまり運動をして筋肉を動かせば、マイオカインが分泌され、さまざまな症状の発生リスクを下げ、健康的な暮らしを送れることになります。

出典:『老けないカラダを作る筋トレBOOK』(エイ出版社)
監修:横山格郎(トレーニングマーケター)
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND