Fitness & Sports

【ダイエットの素朴なギモン④】筋トレと有酸素運動、どっちを先にするべき?

体を鍛える・動かすなら、知っておくべきこと

体を美しく整える。これは女性がとても興味をもつテーマのひとつですよね。美しい体を手に入れるためには、正しい知識が必要。ここでは、基本を抑えるべく素朴な疑問に答えていきます。なんとなくわかっているけど、ちゃんと知りたい。そんなテーマをお届けします。

筋トレと一緒に、有酸素運動はしたほうがいい?

筋トレ後にランニングなどの有酸素運動をおこなうことで、効率良く体脂肪を燃焼することができます。というのも、筋トレをおこなうと、成長ホルモンやアドレナリンといった、ホルモンの分泌が起こります。ホルモンの分泌が起こると、その後、最低でも6時間程度にわたって、体脂肪を分解してくれる効果があると言われています。分解された体脂肪は血液中をグルグルとまわり、エネルギーとして燃焼されるためにスタンバイされるので、筋トレによるホルモンの分泌効果で脂肪の分解が起きているときは、体脂肪がエネルギーとして消費されやすい状態になっているようです。なので、筋トレを行った後に、運動をやめてしまうのは少しもったいないとも言えます。トレーニングの最後に、30分程度の軽めの有酸素運動をおこなうのが理想ですね。

筋トレ前に、有酸素運動をしてしまうと……。

ちなみに、筋トレをする前に有酸素運動をおこなってしまうと、成長ホルモンやアドレナリンの分泌量がとても低下してしまいます。もし、有酸素運動をトレーニングメニューに入れるなら、筋トレ→有酸素運動の順番で行う方が良いです。

出典:『フィットネスジム超活用術』(監修:横山格朗)
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND