Fitness & Sports

水泳とランニング、カロリー消費が多いのは?

カラダを鍛える・動かすなら、知っておくべきこと

カラダを美しく整える。これは女性がとても興味をもつテーマのひとつですよね。美しいカラダを手に入れるためには、正しい知識が必要。ここでは、基本を抑えるべく素朴な疑問に答えていきます。なんとなくわかっているけど、ちゃんと知りたい。そんなテーマをお届けします。

水泳のカロリー消費量は……?

カロリー消費に着目して水泳とランニングを比べる場合、どちらが得意なのかということや、水泳であればどの泳法を選択するのかによって、個々の消費エネルギーが異なります。たとえば、水泳のクロールを一般的な速さ(45.7m/分)で1時間泳いだ場合は、1時間で8kmのランニングをしたときと同じくらいのカロリーを消費します。数値にすると、体重60kg、大体522kcal程度。ただし、水泳の場合は熟練した人でなければ、長い時間一定の速さで泳ぎ続けることは難しいですよね。水中ウォーキングでは、泳いでいる時より消費エネルギーは低下してしまいます。でも、水泳はヒザや腰などの関節にかかる負担が軽いというメリットがあります。

ランニングの場合は……?

一方のランニングでも、時速8kmのスピードで1時間走るのが難しい人はおおいですよね。でも、変わらないスピードで水泳をするよりは、だいぶハードルが低いのではないでしょうか。ダイエットは自分が習慣的に続けられそうな運動を取り入れることがベストです。まずは、続けられそうなことを選んでやっていくのが大切ですね。

出典:『フィットネスジム超活用術』(監修:横山格朗)
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND