Fitness & Sports

キュッと上がった丸ヒップ&スッキリした太腿を作るための3カ条

本格的な真夏がやってきました。毎日暑いので、薄着したくなりますよね。そう夏と言えば、肌の露出が増えるファッションが旬。そして、ビーチにプールに(最近では、水着着用の混浴のお風呂などもありますよね!)と、水着スタイルの出番が増えてきます。そしてそこには、恋のチャンスも…♡と、期待せずにはいられません。

いつ「その時」が来ても大丈夫なように、今からちょっとした意識改革で、ボディラインを整えておきましょう!

注目すべき(されている!)部位はやはり…

洋服の時と水着の時って、目が行くボディパーツがちょっと違うのかもしれません。水着は、そのデザインの関係上、男性でも女性でも、「ヒップ」と「太もも」にはつい目が行ってしまうような気がします。

逆に言うと、ここの二つを整えておけば、それだけで全体的にキレイ魅せが可能なのでは?ということ。

そこで今回は、短期決戦!にも対応できるよう、ポイントを三つに絞ってご紹介します。

1 ヒップを丸くキレイに!太もものラインを整える エクササイズ編

① 両脚を広め(肩幅の2倍くらい)に開く。つま先は斜め45°くらい外に向けて。

② 両手を腰に軽く当てておく。肩はラクに力を抜いておくように。

③ 息を一つ吸い、吐きながら両ヒザを曲げて腰を落とす(ヒザの向きはつま先と同じく外に開くように)。

④ そこから恥骨をぐっと前に突き出すように軽く骨盤を後傾させ(後ろでお尻を中央に寄せるイメージ)、息を吸いながらゆっくりヒザを伸ばす。伸びきったら骨盤を立てた最初の姿勢に戻る。

⑤ ③と④をひと息ずつ丁寧に5セット繰り返す。

2 下半身の血行促進でむくみ撃退!ラインをすっきりさせる お風呂&マッサージ編

夏でも湯船に浸かることは大切だと心得ましょう。夏太り解消にも効果的!

① 38℃~39℃くらいのお湯をバスタブに張っておきます。

② 半身浴でも全身浴でも、お好みに合わせて選んでいただければ大丈夫なのですが、続けて10分以上入っていられることが理想。

③ 浸かっている間にはマッサージを行います。くるぶしのまわりをグーでグルグル、ふくらはぎは揉んだり揺らしたり。ヒザの裏は指先で刺激を入れて、ヒザ頭のまわりは手のひらを使って骨感を出すように動かして。

④ 太もも部分は手のひらを使って、まず全体的に揺らした後、内ももはヒザ付近〜つけ根に向かって押していき、太ももの前側&外側はお肉をつかんで引っ張る、を繰り返します。

⑤ ③と④を両脚とも終えたら、最後はまた全体的に揺らして仕上げます。

3 お腹から下をすべて美しく仕上げる! ウォーキング編

日常に当たり前に取り入れるには、これが最強かつ最もシンプル!な、ハイヒール靴を履いてのウォーキング。

最低でも5㎝以上の高さのヒール靴を履きます。ダラリと脱力して歩くことのないよう、足を入れた時に、ウエストから下がほどよい緊張感を覚えるくらいが目安です。

スピードを求めず、細いライン上を「しとやかに」歩くイメージを忘れないで。これだけで、ヒップも太ももも、そしてふくらはぎも足首も美しく整えられてしまうという魔法ですよ。

いかがでしたか?

素直なカラダは素直なココロから。

素直なココロは素直なカラダに宿る。

ココロとカラダは双方向の関係なのです。

ボディメイクは、ウキウキ楽しみながら、素直な気持ちで取り組んでください。それだけで、効果の出方もスピードも変わりますから。

そこに真夏の熱をのせて、恋も情熱的に…!

水着が待ち遠しくなっちゃう季節、かっこよくセクシーに水着を着こなすご自分の姿を、ぜひ思い描いてくださいね。

KIE(よしずみ きえ)
YOGA surya主宰、ヨガインストラクター。東京都町田市、神奈川県相模原市を拠点とした通常のスタジオレッスンの他、個人レッスン、イベント派遣、オンラインレッスン、動画講座などで活動中。また自身も、美と健康の追究に情熱を燃やす。

RECOMMEND