Fitness & Sports

くびれたウエストを手に入れる!おうちトレーニング3選

薄着の季節は、お腹周りのシルエットも気になりますよね。ボトムの上にのっかったお腹は、意外とTシャツの上からでもわかってしまうもの…。ワキ腹を鍛えることで、引き締まったウエストを手に入れましょう!

お腹は正面だけじゃない!

お腹痩せは永遠のテーマ。でも、お腹って正面だけだと思っていませんか?左右のワキ腹も同様に鍛えてあげることで、バランスのいいウエストまわりになりますよ。ワキ腹の筋肉、「腹斜筋」は左右に側屈する時や体をねじる時に使うことができます。忘れられがちですが、ぜひ一緒に鍛えてあげてくださいね。おうちでできる、ワキ腹のトレーニングをご紹介します。

1. まずはここから。座位のねじりのポーズ

座った姿勢でウエストをねじることでワキ腹にアプローチ。まっすぐな背骨を保つことがポイント!

①椅子に座った姿勢で、背骨を上に向かって真っすぐ伸ばします。

②右手を左ヒザの外側に添え、上半身を左側にねじります。

③そのまま何回か呼吸を繰り返しましょう。

④反対側も同様に行います。

2. 徐々にレベルアップ。ツイストクランチ

しっかりとワキ腹を意識することで、トレーニング効果も上がります。

①仰向けの状態で立てヒザになります。

②両手を後頭部で組みます。

③右ヒザを胸に引き寄せ、そのヒザ目指して左ヒジを近づけます。

④ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

⑤反対側も同様に行います。

3. 30秒目指してチャレンジ!サイドプランク

ヒジをついたサイドプランクで、自分の体重を支えよう!30秒キープをまずは目指して。

①右を向いて横向きに寝転がり、左ヒジを床に着けましょう。

②ヒジは肩の真下に来るようにし、指先は目線と同じ方向へ伸ばします。

③ゆっくりとお尻を持ち上げ、呼吸を続けながらキープ。頭からカカトまでが一直線になるように!

④反対側も同様に行います。

4. 使った後はストレッチも忘れずに

トレーニングの後は、使ったところをしっかりとストレッチしてあげましょう。

①椅子に座った状態から右手は椅子のへりを持ち、左手は手を上に伸ばす。

②左手を右方向に傾けながらお尻は離さないようにして体を倒す。

③30秒以上呼吸を続けながらキープ。気持ちよく伸びていくイメージで行う。

④反対側も同様に行う。

ご自分のペースで、無理のない範囲から始めてみてくださいね!トレーニングとストレッチ、両方とも行っていくことで、強くしなやかな筋肉が手に入りますよ。

ライター:櫻井麻美
さくらいあさみ。大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND