Fitness & Sports

今日も脚がパンパン…それはリンパの流れのせいかも?簡単ポーズでむくみ解消!

リンパは体中を流れている

むくみが気になる人が改善したいのは、やっぱりリンパの流れです。リンパの流れが悪いと、毒素が体にたまり、それがむくみのもとになったりします。

リンパ管は全身にネットワークを張り巡らせています。リンパは自発的に収縮して流れを作ってはいますが、その収縮が弱く流れは穏やか。筋肉の収縮がリンパのポンプ役となります。つまり筋肉へのアプローチはリンパへの働きかけにもなるのです。日ごろから体を動かし、リンパを刺激するとともに、筋肉を活性化させましょう。

ストレスによる緊張はリラックスポーズで解消

リンパ管は細く、体が緊張してしまうことが、リンパの流れを悪くする原因になってしまいます。ということは、心身のリラックスはリンパ管を緩めることにもつながるのです。ストレスによる緊張は、簡単なポーズをすることで解消していきましょう。

◇ガス抜きのポーズ

1:仰向けになって両手でヒザを抱える。

2:目を閉じたら、背中で床を感じる。できる限り力を抜いてみる。呼吸を落ち着かせてリラックス。

ヒザの裏のリンパを刺激して足のむくみをすっきり解消

心臓から遠い脚はむくみやすい部分。脚がむくむのは、本来排出されるはずの古い水分が滞り、余分な水分がたまってしまっている状態です。

排泄には、ヒザ裏を伸ばし、ふくらはぎの筋肉にアプローチしてみましょう。血行不良が改善して、足首やふくらはぎがスッキリとするはずです。

◇ガス抜きのポーズ+動き

1:ガス抜きのポーズを取って、手はヒザに添える。

2:息を吸いながら腕は頭上に伸ばし、両足は天井へ。ヒザ裏を伸ばしてカカトを押し出す。横から見た時に大きなL字になるように。

3:吐きながら戻る。

4:呼吸に合わせて何回か繰り返す。

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.34/「内臓アプローチで免疫力アップ」
監修:森田尚子/Krishnamacharya Healing & Yoga Foundation(KHYF)ティーチャー。ヨガによる深い癒しの効果を実感したことから、生徒の心身の健康と平和、笑顔のために講師として活動している。タンクを使わずひと息で海に潜るフリーダイビングに魅せられ、2007年には日本代表として世界大会に出場する。

RECOMMEND