Fitness & Sports

男性の本能をくすぐる姿勢の作り方【『老け見え』『疲れ見え』はNG!】Vol.4

男性は本能的に、生命力を感じさせる女性を選別しているのです。女性の皆さん、ぜひとも、その生命力を【姿勢】から漂わせましょう!

そんなテーマでのお話、今回はVol.4として、きれいな姿勢を保つためのエクササイズをまた一つご紹介します。

*見た目印象を左右する要素の背景についてお話したVol.1

https://yolo.style/fs_lo190823_004/

*きれいな姿勢の定義について触れたVol.2

https://yolo.style/fs_lo190824_004/

*きれいな姿勢を作るための呼吸法をご説明したVol.3

https://yolo.style/fs_lo190828_004/

もぜひご一読くださいね!

仰向けのままできる体幹トレーニング

①仰向けになり、両脚をそろえてヒザを立てる。ヒザの高さは好みで調整。

②腰と床との隙間をしっかり埋めるように、骨盤を後傾させる。へそをしっかり床に近づけていくイメージ。

③そろえた両脚をゆっくりゆっくり、持ち上げる。できれば股関節が90°になる程度まで。きつければヒザを軽く曲げてもOK。できるだけ足の裏を天井に向けるようにする。

④③の姿勢でゆっくり5呼吸キープ。途中で腰が浮いてこないよう注意しながら行う。

⑤ヒザを曲げ脚をゆっくり下ろし、いったん腰も床から少し浮かせ(反りすぎないよう、骨盤が床と平行になるあたりまで)、お腹の力を抜いてリラックス。5呼吸行う。

⑥③〜⑤を計3セット行い、最後は脚を伸ばした状態でリラックスする。

エクササイズの効果を出すためには

先述したエクササイズでは、特に腹部のインナーマッスルに効かせることが目的。姿勢を保つために、腹筋、骨盤を安定させる筋力が必要だからです。そのために、下記のポイントを意識して行いましょう。

・腰をしっかり床に着ける。
・呼吸は深く丁寧に、吐ききることを特に大切に。
・太ももの前側に力が入ってきたらヒザを少し緩めること。
・必ず、合間に休憩を挟む。

特に後半の二つについては重要で、「もっと頑張れる!」、「早く効果を出したい!」と焦る気持ちが出てしまうと、逆効果になる可能性もあるので注意が必要です。

太ももの前側に力が入るのを感じるということは、お腹の深層部への意識が弱まっているということ。ターゲットとは違うところに力が入ってしまっているのです。

この場合、十分な効果が得られないばかりか、太ももの前側にモリモリと筋肉がついてしまい、かえって骨盤の安定感を損なうことも。また、リラックス時間が必要な理由も骨盤の安定とかかわりがあります。

脚を上げている間、骨盤は後傾状態にあります。これはインナーマッスルにちゃんと効かせるために必要なことなのですが、常に後傾状態にあれば、骨盤の前後のバランスが当然崩れてしまいます。普通に立った姿勢の時に骨盤が後傾していれば、当然猫背を招いてしまいます。

このように、エクササイズには緩急とバランス、そして欲張らない気持ちが大変重要。美姿勢は一日にして成らず!と、いつも念頭に置き、着実に、そして効率よく(ここも大切ですよね!)整えていってくださいね。

KIE(よしずみ きえ)
YOGA surya主宰、ヨガインストラクター。東京都町田市、神奈川県相模原市を拠点とした通常のスタジオレッスンの他、個人レッスン、イベント派遣、オンラインレッスンや動画講座などで活動中。また自身も、美と健康の追究に情熱を燃やす。

RECOMMEND