Fitness & Sports

アンバランスは自分で解消!骨盤修正エクササイズ

2019/10/05

骨盤のアンバランスな開閉がたるみや固さにつながる

骨盤のゆがみにもいくつかの症状があります。その一つが骨盤の開閉。開きすぎるとたるみ、閉まりすぎればかたくなってしまいます。左右どちらかが開閉しすぎる場合や、上下のバランスが悪くなるなどいろいろなバリエーションがあります。

今回は左右の開閉の差を解消するエクササイズをご紹介。動きにくいほうのパーツを修正していきます。

◇片ヒザを曲げてゆっくりと起き上がる◇

曲がりにくいヒザから骨盤の開閉差を知る

1:両脚を伸ばして仰向けになる。

2:片脚ずつ、足の甲を床に着けるようにして外側に曲げる。ヒザの浮きなどをチェックして、曲げにくい脚を見極める。

3:曲げにくいほうの脚をもう一度曲げ、息を吐きながら浮いてくるヒザを床につけて起き上がろうとする。開きすぎた片側の骨盤が閉まり調整される。

◇両手でヒザを抱えて体を起こす◇

ヒザを引き寄せる動きでアンバランスな骨盤にアプローチ

まずは骨盤のゆがみをチェックしてから始めましょう。

https://yolo.style/fs_lo190728_005/

 
1:上げにくいほうのヒザを診断できたら、仰向けになりそのヒザを曲げて持ち上げる。

2:お腹とそのヒザを近づけるように引き寄せる。

3:しっかりとヒザを抱えながら両肩を浮かせ、お腹をのぞき込むようにしてアゴをヒザにつける。

4:骨盤の位置を意識して、息を吐きながら行う。

各ポーズを行う回数は決まっていません。自分が必要だと感じるだけ繰り返します。その日、その時に最適な量を、自分の心身と相談しながら決めてみてください。

ライター:幸雅子
出典:『骨盤セルフケア』/「修正ヨガで骨盤のゆがみを整える」
監修:龍村修/龍村ヨガ研究所所長。国際総合生活ヨガ研修会主宰。求道ヨガの世界的権威・沖正弘導師に師事。ヨガや気功など、さまざまな東洋の叡智を活用し、生命の声、母なる地球の声を聞ける心身作りを提唱。

RECOMMEND