Fitness & Sports

ダイエットしたいけど運動は嫌!日常生活からカロリー消費を増やすポイント

だらだらしているとカロリー消費はできない!

ダイエットするための一つの手段として、カロリー消費を増やすことが挙げられます。カロリーを消費するために大切なのは、体を動かすこと。基礎代謝を上げることもダイエットにつながりますが、そのためには筋肉量を増やすことが必要です。筋肉はだらだらしていても、勝手にはついてくれません。どちらにしても活動量を増やすことが必要不可欠なのです。

でも運動は苦手…

運動することでカロリー消費を増やせるとわかってはいるものの、運動は苦手で好きじゃない…いざ、やろうと気合を入れても3日で終わってしまう、そんな経験もあるのではないでしょうか?

仕事が忙しくて、なかなか時間を取れない時もありますよね。そんな時にオススメなのは、日常生活の延長線上での運動を取り入れること。トレーニングやスポーツなど本格的なものを取り入れなくても、少しずつ活動量を増やすことができますよ。

コツは頑張りすぎないこと


通勤など毎日通る道を少し速足で歩いてみたり、ひと駅余分に歩いてみたり、自転車を徒歩に変えてみたり…ほんのちょっとだけ体を動かす時間を増やしてみましょう。コツは頑張りすぎないこと!いきなり運動量を増やすと疲れてしまい、モチベーションも下がってしまいます。

このくらいなら毎日できるかな、くらいの量で少しずつ増やしてみてください。それが自分の中で日常になったら、その範囲を広げてみましょう。エレベーターやエスカレーターを使わない、一日1回の散歩の時間を作る、そんな風に徐々に機会を増やしてみてくださいね。

運動が苦手な人は、普段の生活でも活動量が低い傾向があります。まずは本格的に運動をする以外の、ちょっとした活動を増やすように心がけてみてください。だんだんと慣れてくれば、体を動かすことに抵抗がなくなってきます。徐々に運動が心地よく感じ、積極的に体を動かせるようになれば、活動量が増えてカロリー消費も増えていきますよ。焦らずに自分のペースで続けられるものを、着実に取り入れてみてくださいね!

櫻井麻美
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。
既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND