Fitness & Sports

目指せ腹筋美人!腹筋にアプローチしたいならこの動き!【kumakoの”効く”ピラティス】

テレビ番組やCM、雑誌などで活躍するモデルの熊澤枝里子さん。通称kumakoさんは、15年のモデルとしてのキャリアと、ピラティスのインストラクターとしての資格、さらに「国際中医薬膳師」という薬膳のプロとしての資格を持ち、より健康で美しくあるためのアドバイスを多岐にわたり行っています。そんなkumakoさんの指導するピラティスのエクササイズを紹介していく連載。体の内側から引き締まっていくメソッドを体感して下さい!

気になってはいてもなかなかやるチャンスのない、あなたのためのWebピラティスレッスン!第2回は腹筋にアプローチ。タプタプお腹は卒業して、引き締まったお腹を手に入れましょう!

ピラティスとヨガの違い

そもそもピラティスが何か知らない方は、ヨガと一緒じゃないの?と思われるかもしれませんが、まったく違うものです。ヨガの目的は心を静めることであることに対し、ピラティスの目的はもともとリハビリ。体を整えるためのエクササイズであり、背骨や骨盤を丁寧に動かして、筋肉をコントロールします。そして、身体的にも精神的にも健康に生きていくためのメソッドなのです。

動きはあまり大きくないので地味に見えますが、実際にやってみると確実に効いていることが感じられますよ。ボディメイクしたい方はぜひ、やってみてくださいね。

ウォーミングアップの動き

今回ご紹介するのは「スパインツイストスーパイン」。ピラティスの中で、ウォーミングアップの動きの一つです。スパインとは背骨のことで、ツイストはねじり、スーパインは仰向けのことです。この動きは、腹直筋や腹斜筋など腹筋群全体にアプローチしてくれます。

腹筋に効く【スパインツイストスーパイン】

1: 仰向けに寝て、足を曲げてスネが床と平行(テーブルトップポジション)になるまで持ち上げる。手はアルファベットの「T」を作るように両側に広げ、手のひらは上に向ける。

Point
股関節とヒザが直角になるようにし、肩はマットから浮かないようにする。

2: 息を吸いながら、腰を右にねじる。

Point
ヒザが離れないようにキープし、両肩は床から離れないようにする。

3: 吐きながら、テーブルトップポジションに戻る。

4: 左側も同様に行い、左右で5回ずつ行う。

Point
背骨を尾骨から順番にねじり、戻るときは腰椎から順番に戻るように動く。

テーブルトップの位置が変わらないように注意し、肋骨から下のみを動かし、肩や肋骨が浮かないようにしましょう。また、ねじった時にヒザの位置がずれないように保ったまま動かすと、腹斜筋にきちんとアプローチできます。

【NG】
ヒザがそろっていず、肩が上がっている状態。

今日からピラティス生活を始めて、美しい体を手に入れましょう!

第1回 お尻と太ももを同時に引き締め
https://yolo.style/fs_or190620_004/

監修&モデル:熊澤枝里子/kumako
レプロエンタテインメント所属。モデル/ピラティスティーチャー/美容薬膳家。18歳の時に雑誌『CanCam』の専属モデルとしてキャリアをスタートさせる。旅番組『旅サラダ』の旅サラダガールとしてレポーターや、CM、舞台など多数出演。モデル業の傍ら、ピラティスインストラクター資格(マシン/マット)と薬膳の資格「国際中医薬膳師」を取得。「よく寝て、よく食べ、よく動く」をモットーに「身体の中と外から健康的に美しく」を心がけている。

ライター:鈴木さおり
写真:樋口勇一郎

RECOMMEND