Fitness & Sports

アプリで簡単チェック! パフォーマンスを上げる体調管理法

効率よくパフォーマンス上げたくない?

日々のトレーニング。やっぱり効率よくパフォーマンスを上げたいところ。でも、睡眠不足やストレスなどで前日の疲れを引きずっていたりすると、思うようなトレーニングができないことも。さらに、そんな不調を抱えながらトレーニングすることで、もっと体に負荷をかけてしまい、体調を崩してしまった…なんて本末転倒ですよね。そうなる前に、日々体を管理するのは、トレ女として必要なことです。

体の管理に有効的なこととは?

貧血になっていないか、経血量をチェック
女性は月経があり、体内の血液が定期的に体外に出ていきます。もうすっかりそのことに慣れてしまい、気にもしていない人が多いとは思いますが、もしかすると思っているよりも経血量が多く、知らず知らずのうちに貧血になってしまっていることも(この場合の貧血とは、血液検査上のヘモグロビン値が低い貧血のこと)。

その目安は、一般的な夜用の紙ナプキンがトイレに行くタイミングで、ある時間程度でいっぱいになってしまうこと。貧血になると血液の中の酸素運搬機能が低下し、その分心拍数を増やして体内に酸素を送り込もうとします。その結果、心臓への負担はもちろん、トレーニングやパフォーマンスも上がりません。経血が多いなと感じたら、クリニックを受診し、適切な治療をしましょう。

心拍数をチェック
心拍数とは、心臓が体内に血を送り出すために1分間に収縮する回数のこと。血液は体内に酸素を運んでいます。トレーニングにはこの酸素が必要不可欠です。例えば、心拍数が高い状態というのは、一度の血液を送り出す心収縮では酸素量が足りないため、心臓が収縮回数を増やすことにより、体内の酸素量を保とうとします。この状態では長期的に見ると心臓に負担がかかってしまいますよね?

運搬できる酸素量が少ないということは、トレーニングする上でも動きにくい状態で、パフォーマンスが上がるわけがないのです! 心拍数は疲れや慢性的なストレスによっても変化するので、日々自分の心拍数がどのくらいかをチェックすることは、体調管理にも役立ちます。おすすめは朝一番の心拍数を記録しておくこと。うまく眠れなかったり、疲れが取れなかったりした日は朝一番の心拍数が高く、そんな時はハードなトレーニングは避けるなどの対策に役立ちます。

心拍数を簡単に知れるアプリ

心拍数を自分で管理したくても、どうやって? そんな時は、スマホ用無料アプリを活用。カメラ部分に人さし指を当てればフラッシュで光を当てて測ってくれます。一般的には60〜90bpmが正常の範囲です。これ以上高い数値が続く時などは、一度内科や循環器科へご相談ください。今や便利なアプリがあり、質の高い睡眠が取ることができたか、疲労の蓄積はないかなど体調管理もしやすくなっています。すべてを数値化してしまうと、その数値が気になって逆にストレスになることもあるので、上手につき合っていきましょう!

Rantastic Heart Rate 心拍数計
https://appsto.re/jp/0jkXI.i

Instant Heart Rate 心拍数モニター揺らぎ脈拍計健康
https://appsto.re/jp/ShMAy.i

 

ライター:北川彩
取材協力:高尾美穂/産婦人科専門医。スポーツドクター。女性のためのクリニック「イーク表参道」副院長

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE