YOLO

Fitness & Sports

バイク×音楽×筋トレ×ダンス! 新たなスピニングスタジオが原宿にオープン

バイクエクササイズ「スピニング」の新しいスタジオ

音楽にのってスピニングバイクを漕ぎながら、筋トレやダンスもできるという、エクササイズの美味しいところをギュッと集めたような「グルーヴ ゾーン」。美トレ女子にとって、定期的に通いたくなる新たなスポットがゴールドジム原宿ANNEX内にオープン。

ゴールドジム原宿ANNEXは、ラフォーレ原宿から竹下通り方面に歩き、竹下通りを越えたらすぐ。受付カウンターのある入り口が1階に面しているのですぐにわかります。11/9のオープン前に、早速体験しに行ってきました。

スピニングは、NYをはじめとした欧米で10年ほど前から大人気。ものすごい勢いでスピニングバイクをこぎ続けながら筋トレもする、かなり運動量の多いバイクエクササイズです。

運営するのは、ゴルフウエアブランドを中心に展開している「TSIグルーブアンドスポーツ」。「アパレルを売るだけではなくウェアを着て遊びに行ける場所を作ろう」(同社)と、ゴールドジムとタイアップしてオープンしました。

受付から横から地下一階に下り、奥まったところにあるのがグルーブゾーン。インストラクターのスピニングバイクを囲むように放射状にバイクが並んでいます。

初めてのバイクエクササイズに挑戦!

スピニング初体験の私は、果たしてついていけるのか・・・と、若干不安。ヨガは毎日やっていてもマシン系や激しいエクササイズからはしばらく遠ざかっており、新しいものにチャレンジするワクワク感と共にドキドキが隠せません。

男性インストラクターからバイクの使い方や、基本的なこぎ方やプッシュアップなどの動作を教えてもらい、バイク上で軽いストレッチをしったら、さあ、15分間の体験スタート。照明の落ちた暗闇のスタジオに流れるアップテンポな曲に合わせて、リズムよくこぎ始めます。

漕ぎ始めたらすぐに入ってくる立ち漕ぎや、プッシュアップ。音楽のテンポがいいので、動きも次から次へと進みます。ウォーミングパートだというのに、あっという間に噴き出す汗。長袖のウェアを着てきたことを早くも後悔しました。

音楽が変わると同時に、インストラクターも男性から女性へチェンジ。一番軽い負荷にして、全速力でこぐように指示があり、「回して回して回して回して!」テンション高い掛け声に引っ張られるように足を高速回転し始めたが最後、靴とペダルが一体化しているのでもう、足は止められない! ただ、こぎ続けるしかないのです! (注:ブレーキボタンもついているので、危険な時は止めることができます)

「ヘィッ!ヘィッ!ヘィッ!ヘィッ!ヘィッ!」の掛け声に、会場からも「ヘィッ!ヘィッ!ヘィッ!ヘィッ!ヘィッ!」。そんなに広くない空間のせいか、スタジオ内の一体感も高まりやすいように感じます。顔や背中に汗を流し、息を切らしているんだけど、みんなのノリに突き動かされるように必死でくらいつくしかありません。

そして、最後の最後にダンスパート。足は止めずに漕ぎ続けながら、上半身は踊るのです。「TOO HOT!!」の歌詞に合わせて「暑い!」のジェスチャーや、腰を大きく回す動きなんかも入ってきて、ダンスも苦手な私には、なかなかのハードルです。

だけど、「Let’s dancing!!」。始まったら、恥ずかしいなんて言ってられない。普段の自分を振り切って、もうやっちゃおー! 「フォーーーッ!」 自分がカッコよく踊れているかなんて関係ない。必死でリズムについていきながら体を動かし、「ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!」と声を出す

最後に再び、激しく動いて動いて動いて動く数分間!

終わった時の、やりきった感。バクバクする心臓の鼓動も、上がったままの呼吸も、全身の疲労感も、すべてひっくるめて、気持ちいい!でも、たった15分間の体験でこれだけ疲れるのだから、実際と同じ45分間をやったらきっと相当なもの。かなりガッツリやった感が味わえるに違いありません。

バイクを漕ぐだけじゃ飽きちゃうし、一人で漕いでもつまらない。でも、アップテンポな音楽、そしてスタジオの一体感の中でだったら、漕ぎ続けることも、筋トレもダンスも楽しくできそう。時間がないけれど、有酸素も筋トレも両方やりたい人にもオススメです◎。

普段、静かに自分と向き合いながらトレーニングを重ね、走っている美トレ女子の方たちも、日々のトレーニングのエッセンスに、ちょっと気分が落ちている時に、そしてストレスを発散したい時に、「グルーヴ ゾーン」に行って、思いっきりはじけてみてはいかが?

グルーヴ ゾーン(GROOVE ZONE)
東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワー地下1階
GOLD’S GYM原宿東京ANNEXジム内 GROOVE ZONE
https://www.groove-zone.jp
0120-705-870

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE