YOLO

Fitness & Sports

1年で体重がー17㎏!? エアーサップで最強くびれ女子!

近年、人気上昇中のSUP(スタンドアップ・パドルボード)。バランスを取りながらパドルを漕ぐため、体幹が鍛えられます。そのため、ダイエット目的でSUPを始める人も。実際に、SUPにハマッて毎週末海へ行っていたら、1年間で17㎏も体重が減っていた!なんて、うれしい悲鳴もあるそう。特にくびれ作りには最強!

エアーサップで体幹トレーニング

「でも今は寒すぎて、海に行く気がしない…」
はい、ごもっともです。

そこで、家でも簡単にできるエアーサップを、SUPサーフィン公認プロの梅澤さんに紹介してもらいました。

1:パドル(に見立てたタオル)を用意。正座になり、タオルの両端を肩幅より少し広めの位置で持ち、体と両手の間に三角形ができるようにします。

2:上の手は、このように下から握りましょう。

3:両腕をまっすぐ伸ばしたまま、パドルを漕ぐように後方へ移動させ、体をねじります。

<ポイント>
・頭を動かさないように、視線は正面に向けましょう。
・呼吸を止めないように。

ゆっくり丁寧に、この動きを10回繰り返します。

4:手を持ち替えましょう。

5:反対側も同じく、パドル漕ぎを10回繰り返します。

6:今度はボード(に見立てたマット)の上に立ちましょう。まずは、パドル(に見立てたタオル)をマットの前方に置きます。

7:タオルの上に手をのせ、腹筋を意識しながら、両脚を後ろへまっすぐに伸ばしましょう。頭とカカトを一直線にすることがポイントです。

8:手と手の間に右脚、左脚と順番に入れていきます。

9:パドル(に見立てたタオル)を持ち、両腕を前からバンザイして、気持ちよく頭上に伸びましょう。

10:最後はタオルを持ったまま、両腕をぐるっと後ろへ移動させ、肩甲骨を寄せてキープします。

1から10までの流れを、毎日2セットしていきましょう。

実際のSUPと動きの違いはありますが、気分は一気にSUP女子!
ハワイアンBGMでも流して、波に乗っているイメージをしながら、トレーニングしてみてくださいね。

 

ライター:深谷祥子
モデル:片野瑛子
写真:藤村のぞみ
監修:梅澤正二郎/SUPサーフィン公認プロ。『NALU』、『SURFTRIP JOURNAL』など、サーフィン雑誌の元編集長。現在は葉山町森戸海岸にてSUPやサーフィンのスクール「G-Stones」を運営。葉山在住。
http://sumezawa.wixsite.com/stones

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE