Fitness & Sports

もも尻ヒップを作る集中トレ。お尻下部を引き締める【バレエスクワット】編 

狙ったところを引き締める美尻トレーニング3回目。毎週金曜日にお届けしていますが、どの回から始めても大丈夫。引き締めたいところを意識して、お尻をキュッと上げていきましょう。今回はバレエスクワットです。

このトレーニングは、筋トレの王様「スクワット」の脚の位置を変えることで、お尻の中でもトップをより引き上げることを実現していきます。お尻の下のほうが引き締まるイメージを持って動きましょう。

お尻を下から持ち上げるイメージで

バレエスクワットは、前回のスクワット(もも尻ヒップ「集中」トレ【スクワット】編)のバリエーション。まずは、ホームポジション(もも尻ヒップ 「集中」トレ【姿勢の見直し】編)で立つところから始めます。

【バレエスクワット=大殿筋下部を鍛える】

1:ホームポジションを確認したら、脚を大きく開いて立ちます。肩を抱えるように手を組み、姿勢を整えます。


2:ヒザと足先の方向をそろえた姿勢を保ち、太ももが床と平行になる位置まで、重心を落とします。その時、ヒザが足首の真上にくるように。ヒザから下が開きすぎないように足の位置を調整します。

3:骨盤を少し前傾させ、お尻を後ろに突き出します。この時、ヒザがつま先より前に出ないように注意して!


お腹にもしっかり力を入れて体幹もキープ!最低10回、できれば20回やりましょう。いけるようなら、上体を起こしたまま、もう少しお尻を後ろに突き出してみましょう。負荷も増すけれど、効果もマシマシ〜。

 

ライター:菅家美佳
写真:市田智之
モデル:片野瑛子
監修:小塚愛美/パーソナルトレーナージムAphroditeのエクゼクティブトレーナー。http://www.aphrodite-body.com

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE