YOLO

Fitness & Sports

「体が硬い」のと同じくらい、「軟かい」のも危ない?

「体が軟らかい」のが危険!そのワケは?

180度開脚をはじめとする「体の柔軟性をアップする」エクササイズは、最近のブームの一つ。下半身痩せやヒップアップ、血流アップとさまざまなメリットが紹介されています。体の軟らかい人がうらやましい!でも、柔軟性がありすぎるのも、実は問題なんです。

 

【柔軟性を知る関節チェック】

  • 手首、足首の関節がぐにゃぐにゃ曲がる
  • 手の親指が大きく反る
  • 両手を伸ばすと反る「猿手」
  • ヒザを伸ばすと後ろに強く反る

 

上記の項目に当てはまるかチェック!これらの該当する人は「生まれつき体が軟らかい人」に該当します。

体の柔軟性は、筋肉や運動能力よりも遺伝の影響を受けやすいと言われています。その理由は、体が軟らかさ=関節の軟らかさだから。手首や指は、動きに影響を与えるような大きな筋肉がないため、関節の軟らかさが一目瞭然なのです。

 

体が軟らかい人のデメリット

体が軟らかい人は骨の可動域が広いため、比較的すぐに体が動かせるようになります。ヨガのポーズが思いの外うまくできたり、軽々と柔軟運動ができたとしたら、逆に注意して!人が訓練してやっとできることを、トレーニングもせずにできてしまうということは、ケガしやすいということでもあります。

特に女性は、もともと男性より筋力が弱いため「できる!」と思って、過度なトレーニングをすると、体が悲鳴を上げるのです。また、デスクワークなどで同じ姿勢を保つためにパワーが必要なので、体が疲れやすくなります。関節が軟らかい人は肩コリが多いのも特徴です。

体を支える筋肉強化が必須

体が軟らかい人は、普段の運動に関節まわりの筋肉を鍛える筋肉トレーニングを合わせて行うのがオススメ。骨格がズレないように整え、筋肉への意識を培うことで、ケガのリスクが回避できます。柔軟に見えるバレリーナも、トレーニングで培った伸びやかな靭帯と体を纏う筋肉があってこそ、あの美しいポーズを取れるのです。

 

「体が硬い」でよいこともある!?

逆に、体が硬いことのメリットはあるのでしょうか?体が硬いこと=健康に悪いことと思いがちですが、体が安定しているというメリットもあります。体が硬い人が訓練を重ねることで柔軟性を手に入れたら、強さとしなやかさを兼ね備えた体に仕上がります。もちろん、体が硬いと、血流が悪くなって冷えやむくみ、太りやすかったり、疲れが取れにくいというデメリットもたくさんあるので、放置していていいということではないのでご注意を!

大切なのは、自分の体の遺伝的要素をきちんと知って意識を持っておくこと。日々のトレーニングの質を上げて効率アップを目指しましょう。

 

ライター:佐倉ひかる

出典:『美魔女を作る美姿勢レッスン』

監修:中村尚人/タクトエイト代表。理学療法士として臨床を経験後、独立。ヨガ、ピラティスのライセンスを持ち、医療視点からの歩行指導や解剖学などの講義を担当。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE