Fitness & Sports

そうなんだ!?鏡を見ながら練習したほうがいい理由

2018/10/25

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生、20代にはボディビルの大会で準優勝するほどハードに鍛えていましたが、今はヨガを楽しんでいます。今回は、トレーニングで効果を上げるための“アライメント”と“意識”について聞きました。

鏡を見ながら鍛えよう

「トレーニングをする上で、一番大事なのはアライメント(筋肉・骨・腱の並び)です。アライメントが正しくないと怪我をしますし、いびつな筋肉がつきますからね」

パーソナルトレーナーをつけてトレーニングできれば指摘してもらえますが、一人でトレーニングしながらアライメントを確認するのは難しいもの。

「普段から鏡を見て、耳・肩・骨盤・足首までのラインが、きちんと一直線になっている状態か確認しましょう。間違った状態でトレーニングしたら本当に痛めてしまうし、アライメントをしっかり作った上でやらないと可動域も広がらないので、鏡を見ながらやった方がいいと思いますね。ジムにある鏡は、正しいアライメントでトレーニングできているか、つまりちゃんと左右両方の筋肉が使えているかをチェックするために使います」

筋力トレーニングは、鏡をしっかり見て、姿勢が崩れていないか常にチェックしながら行うのが効果的です。

意識の集中がトレーニング効果をアップ

真理先生が重視するのは、トレーニング中の“意識”です。

「漫然とトレーニングするだけではダメですね。どこの筋肉を動かしているのか、どこに効いているのか、きちんと頭で意識しながらやらないといけません」

今どこを鍛えているかを意識する、ということ。

「鍛えたい筋肉に集中していかないと、効果が上がりにくい。大事なのは、アライメントと同時に意識なのです。何回やったかだけではなくて、質も重要ということ」

コンディショニングを意識することも大事

「また、黄体期(排卵後から生理前までの時期)のような不調期に、『トレーニングに何回はいかないと』、『昨日行けなかったから今日は行かなくては…』と頑張るのはシンドイですよね。回数にこだわるのではなく、1回1回のクオリティを上げて、いかに効果を出せるかが大事です。そのためには、ちゃんと筋肉に効かせるように意識したい。そして、そのためにはやはりコンディションが悪いとできないので、普段からコンディショニングに意識を注ぎ、1回1回を効果的に行いましょう」

正しいアライメントで意識を集中し、効果的にトレーニングしたいですね。

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE