Fitness & Sports

憧れのブラジリアンヒップを手に入れるスクワット【太もも、お尻、くびれのためのヨガトレ】

ボディシェイプをする上で、女子が気になる3大ポイントと言えば、太もも、お尻、くびれ。誰でも手軽に取り入れられるヨガトレーニングで、この三つのポイントを引き締めるポーズやエクササイズを、ヨガインストラクターの中村優希さんに教えてもらう企画。「ヨガやトレーニングを始めたいけど、どこから取り組めばいいかわからない」という人はぜひ参考にしてみて!

今回は、ヨガの「マラーサナ(花輪のポーズ)」を取りながらスクワット運動する動きにチャレンジしましょう。姿勢を意識しながらスクワットをすることで、お尻に丸みを作ることができます。毎日取り組んで、タイトなパンツが似合う美尻を目指しましょう!

【憧れのブラジリアンヒップを手に入れるスクワット】

01:脚は肩幅に開き、ヒザ、つま先を外側に向けてまっすぐに立つ。

02:息を吸いながら、両腕を真上に上げて背筋を伸ばす。背中を反りすぎないように意識する。

03:両手を胸の前で合わせ、息を吐きながら腰を落としてスクワット。ヒザを曲げるというよりも、お尻を後ろに引くようなイメージを持つと、よりお尻に効く。ヒザを曲げることをより意識してしまうと、お尻というより、太ももの前側の筋肉がついてしまうので注意。上げ下げを10セット行う。

<横からの見え方>腰を落とした時、ヒザが内側に入らないように意識する。ヒザはつま先より前に出ないように。

04:体を元の姿勢に戻す。

最初は10セットから始めて、慣れてきたら徐々に回数を増やしてみましょう。大臀筋が鍛えられて、丸みのある立体的なお尻に近づいていきます。みんなが注目しちゃうバックスタイルを目指しましょう!

監修&モデル:中村優希/なかむらゆき。ヨガインストラクター。幼少期から13年間新体操を続け、現役引退後にヨガと出会う。人と比べるのではなく、自身と向き合う大切さに気づき、ヨガの魅力をたくさんの人に伝えるべく2011年からインストラクターの活動を開始。「誰でも楽しめるヨガ」をモットーにしたレッスンと、柔らかい人柄が人気。

写真:堂園博之
ライター:YOLO編集部

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE