Fitness & Sports

脚痩せトレで、彼が苦笑いする“たぷたぷ内もも”から脱皮!【太もも、お尻、くびれのためのヨガトレ】

ボディシェイプをする上で、女子が気になる3大ポイントと言えば、太もも、お尻、くびれ。誰でも手軽に取り入れられるヨガトレーニングで、この三つのポイントを引き締めるポーズやエクササイズを、ヨガインストラクターの中村優希さんに教えてもらう企画。「ヨガやトレーニングを始めたいけど、どこから取り組めばいいかわからない」という人はぜひ参考にしてみて!

今回は、ヨガの「バッタのポーズ」といううつぶせの姿勢に、脚を開閉する動きを加えたトレーニングを紹介します。以前行ったバッタのポーズ+脚を上下にバタバタさせるトレーニングでは、お尻を鍛えることにフォーカスを当てましたが、今回は脚を左右に開閉し、脚をスッキリさせることに注目していますよ!

【彼が苦笑い!?“たぷたぷ内もも”から脱皮する脚痩せ】

01:うつぶせで横になる。手は額の下に。脚は腰幅と同じくらいに開く。

02:息を吸いながら、両脚をゆっくり床から持ち上げて、脚を開閉させる。脚はヒザから持ち上げるのではなく、太もものつけ根から持ち上げるようにする。

03:脚をそろえて閉じる。開いては閉じる動きを10セット行う。息を吐きながら閉じて、吸いながら開く。太ももの内側を意識。余裕があれば、左右の脚の高さを変えて、脚を閉じる際にクロスさせるように動かしてもOK!より強い負荷がかけられる。

04:元の姿勢に戻る。

脚を太もものつけ根から持ち上げ、開いたり閉じたりすることで、太ももの内側の筋肉である内転筋を鍛えることができます。内転筋を引き締めて、スッキリと引き締まった脚を作りましょう!

監修&モデル:中村優希/なかむらゆき。ヨガインストラクター。幼少期から13年間新体操を続け、現役引退後にヨガと出会う。人と比べるのではなく、自身と向き合う大切さに気づき、ヨガの魅力をたくさんの人に伝えるべく2011年からインストラクターの活動を開始。「誰でも楽しめるヨガ」をモットーにしたレッスンと、柔らかい人柄が人気。

写真:堂園博之
ライター:YOLO編集部

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE