Fitness & Sports

その座り方で大丈夫?トレーニングは“アフター”こそ大事!

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験をお持ちの森田真理先生、20代のころにはボディビルの大会で準優勝するほどハードに鍛えていましたが、今はヨガをゆったりと楽しんでいます。今回は「トレーニング効果を上げるためには、普段の生活が大事」というお話。

筋肉を日常でも使おう

「トレーニングした後、つまりアフターも大事」と真理先生。

「皆さんトレーニングの時は一生懸命やっていても、普段は楽な格好で座っていたりしませんか?トレーニングで作った筋肉は、日常生活の中できちんと使えないと台なしになってしまいます。例えば、せっかくエステで脂肪のもみ出しをしても、その後ビールをガーッと飲んだら台なしになるのと同じ」

トレーニングの時間より、日常生活の時間のほうが長いですからね…。なるほど納得です!

鍛えるのは、日常生活を素敵にするため

真理先生が注目するのは、姿勢です。

「せっかくトレーニングしたのに、だらしない格好でいたら、すぐにお腹がポッコリしやすくなりますから」

例えば、椅子に座る時。腹筋を使って下腹を引き締め、ヒップの筋肉をつぶさないように意識して、かっこよく座ってみましょう。ずっといい姿勢を保つのは難しいかもしれませんが、トレーニングで作った筋肉を使うことを意識するだけで、だいぶ違ってくるはずです。他の動作でも同じ。背筋やバストの筋肉を意識しましょう。

「筋肉をきちんと意識しないと、“トレーニングをいくらやっても効果が上がりにくい”ということになってしまいます」

動作の中で筋肉を意識したら、姿勢も美しくなります。

「普段使えない筋肉を作っても仕方がありません。普段の生活をより素敵にするためのトレーニング。トレーニング自体を目的にしてはもったいない」

トレーニングで鍛えた筋肉を日常でも意識して、体も仕草も美しくしましょう!

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE