Fitness & Sports

そのお尻はまだ変わる!“トレンド美尻”をメイクする頂点アゲ

女性の美しさはボディラインだけでは決まらない!いくらスリムであっても、カラダが猫背だったり縮こまっていては、何だか残念…。印象美人になるために必要なのは、姿勢や立ち居振る舞いも含めた「しなやかさ」。カラダの軸を整え“支える筋肉”を養うのが大切です。そこで、印象美人のカラダへ導くための「地味だけどかなり効く!“地味トレ”」をトレーナーのShiecaさんに教えていただきます。

第4回目は、大人気のお尻トレです。ぷりっと上向きの美尻を作る「ヒップリフト」のコツを伝授。ただ上げるだけではNG!美しく仕上げるポイントは?

ヒップリフトは定番ですが、ただ上げるだけでは効果半減!腰や首が曲がらないよう、そけい部までしっかりと伸ばして、体をまっすぐキープできているかがポイントです。特に、脚を上げる時に骨盤が回ってしまわないように注意!お尻の位置が上がり、お尻と太ももとの境目がはっきり♡

【4】今回のターゲット:お尻

① 仰向けになり、肋骨、肩甲骨をしっかりとつけて脚を骨盤の幅に広げて両手を床に着ける。両ヒザを曲げて、ひと呼吸する。

② カカトで床を押しながら、そけい部がまっすぐ伸びるまでお尻を上げる。この時、腰が反らないように意識する。ヒザが内側に入らないように、体より遠くへ伸ばすようなイメージで。

③ ヒザを90度に保ったまま、天井へ向けて左脚を上げる。お尻をしっかりと引き締め、骨盤が旋回しないようにキープ!

④ 脚を下してからゆっくりお尻を床に下ろす。右脚も同様に。

取材・文:佐倉 光 モデル:沖聡子 写真:市田智之
監修:Shieca(シエカ)
フィットネスライフコーディネーター。パーソナルトレーナー。1979年生まれ。 27歳まで運動経験がゼロだったところから、ジム通いをスタート。JBBF「ボディフィットネス」にチャレンジし、 2010年には全日本大会で準優勝、2011年には東アジア選手権代表に選出された。 著書に『キレイとかがやきをつくる 美ツイスト・ストレッチ』(高橋書店)がある。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE