Fitness & Sports

寒くて外に出るのがおっくうに…。家でヨガをする時の快適な環境の作り方

2018/12/10

家でもヨガしよう!

ヨガにチャレンジしてみたら、思いのほか調子がいい!でも毎日スタジオやジムに行くのは難しい…。そんな時はお家でヨガしてみませんか?難しいことは何もありませんが、気になることはここで解決しておきましょう。

Q:家でヨガをする時に気をつけることは?

A:できるだけヨガだけに集中できる環境を作りましょう。スマホはマナーモードに、玄関には鍵をかけて。誰にも邪魔されない環境を作ってしまうのです。お気に入りのアロマを焚いたり、音楽を流したり。自分流のこだわり空間を用意して楽しんで!

Q:お風呂に入った後、やってもいい?

A:入浴直後は体がほぐれて軟らかくなっているから、ヨガのポーズも上達したような気分になれますよね。でも、深い呼吸ができない状態になるので、心臓や血管に負担がかかってしまいます。できれば1時間ほどあけてから行うのがベターです。

Q:部屋が寒いのですが…。

A:心地よい室温をキープしてポーズに集中できるようにしましょう。目安は25度前後ですが、快適に感じる温度には個人差がありますし、湿度も大きく影響します。あくまでも自分の感覚を優先して。目安としては、長時間横たわるシャヴァーサナ(しかばねのポーズ)でも風邪をひかない温度と、ポーズ一つで汗が流れる温度、その間を取りましょう。

Q:ポーズの組み合わせで相性の悪いものはありますか?

A:特別な相性はありません。動きが偏らないようにだけ注意しましょう。
反ったら丸める、伸ばしたら縮める、右にねじったら左にも同じだけねじる。基本的に、全体のバランスが取れるように体を動かせばOKです。

Q:ポーズのキープはどのくらいすればいいの?

A:ゆったりと3から5呼吸くらいの間が適当です。とはいえ個人差がありますし、その時の体調などによっても変わるので、日によって調整しましょう。マニュアル通り決まった呼吸数にしようとするよりも、自分のコンディション主体に考えるようにするといいでしょう。

体の声を聞きながら、リラックスできる自分のお家で取り組むヨガ。ぜひ楽しんで下さいね。

 

ライター:幸雅子
出典:『はじめてのヨガ』/「ヨガのQ&A」

RECOMMEND