Fitness & Sports

体が硬い人ほどオススメ!2019年「ヨガを始める」と決めた人が知っておくこと

2019/01/06

ヨガを今年からチャレンジしたい人のために

女子に人気のヨガ。新しい年に向けて、これから始めたい人も多いのでは?今さら聞けない、でも気になる…。そんな疑問にお答えします。

Q:ヨガはいつからでも始められますか?

A:ヨガには「今、ここにいなさい(Be here,now)」という言葉があります。過去に対する後悔や、未来への心配は必要なく、現在を大切にすることを教えてくれます。ヨガをするのは、今の自分の心と体なのだから、「今、ここ」から、いつでも始められるのです。

Q:どんな服装ですればいいでしょうか?

A:体を締めつけず、ゆったりと動きやすい服装であれば、何でも大丈夫。ヨガのタイプによって、最適なウエアを選びましょう。ただソックスは脱いだほうがベター。ポーズを取る時に滑りやすく危険だからです。足が冷えて気になってしまう人は、爪先とカカトが出ている形状のソックスを着用しましょう。

Q:ヨガマットはどうやって選んだらいいですか?

A:硬さやグリップ力、重さなどを見て、自分の行うヨガタイプにぴったりのものを選びましょう。十分に厚みがあるものが安心です。色が心身に与える影響は大きいので、色選びにこだわるのもいいですね。

Q:ストレッチやピラティスとの違いは何ですか?

A:ヨガの動きは、多くの運動療法の原点となっているため、ストレッチやピラティスの中には、ヨガと似たものもたくさんあります。これらとヨガの一番に違いは、筋肉や骨といった“部分”ではなく、人間を“トータルな存在”で見て、心と体に働きかけるということ。呼吸に伴う体の動きに意識を集中させながら、心を静かにすることを重視。そして、心身全体の調和を目指すのがヨガです。

Q:体力がなくてもヨガはできますか?

A:体力の有無にかかわらず、その人なりのスタイルで楽しめばいいのがヨガ。スタジオで周りの人がポーズをするペースについていけなくても、マイペースを守って、休みながら挑戦すればOKです。むしろ、体力や健康に自信がある!という人ほど、自分の体が発信している小さな声が聞こえにくいもの。体力がないからこそ、繊細な体の変化に耳を澄ませて、奥深いヨガの時間を楽しめる可能性があります。

Q:体が硬くてもヨガはできますか?

A:ヨガは自分との対話です。ポーズができているできていない、と誰かと比べる必要はありません。だから、昨日よりは少し曲がるようになったなど、比べるのであれば、自分自身の状態です。また、ポーズを取る時は、今自分の体がどんな風になっているのか、硬いのはどこで、軟らかいのはどこかとか、呼吸はどんなだろう、気持ちはどんなだろう…と、自分を観察していきます。それこそが「ヨガの目的」=内観なのです。だから体が硬い人ほど、自分のいろいろに気づけるはず。つまり、体が硬い人はむしろ、ヨガに向いているのです。ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

 

ライター:幸雅子
出典:『はじめてのヨガ』/「はじめての人も安心!ヨガのQ&A」

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE