Fitness & Sports

寸胴ウエスト、たぷたぷ太ももを一挙に解消できるって知ってた?女子の味方、最強筋肉を鍛えよう

2019/01/30

女子がうれしい深層筋

女子にとっての大敵は醜いボディライン。その代表的な部位が、寸胴くびれなしウエスト、たぷたぷ太った太もも、さらにはぽっこりした下腹。でも、これらはある筋肉にアプローチすれば、一気に解消することができるのです。今回は、その筋肉を鍛えるトレーニングを紹介。

それは、深層筋である腸腰筋。腰椎から骨盤の前側を通って、股関節にかけてつながっている筋肉です。これは背骨を前から支える筋肉なので、鍛えられていないと姿勢が悪くなったり、ボディラインが崩れたり、腰痛や便秘の原因にもなってしまいます。猫背になっている人も、ここが緩み切っているのかもしれません。

腸腰筋は深層筋なので、鍛えにくいのですが、反対にここが鍛えられているとカッコいいボディラインをいとも簡単に手に入れられるのです。何しろ、ここを意識してトレーニングすれば、一度に効いてしまう部位がたくさんあるから。なんて素晴らしいのでしょうか。

日常の動きで腸腰筋にアプローチ

前述の通り、腸腰筋は体の深いところにあるので、目に見えないし、触ることもできません。でも、筋肉図鑑などを見て、ここにあるとイメージして、意識的に動いてみましょう。その意識が確実にモテボディを作ってくれますよ。

モテボディは、自分自身に自信を与えてくれるとても大切な要素。今まで引っ込み思案だったけど、いろいろな人と交流したり、着たい服を着ることができたり。人生変えられます。

以下のエクササイズを、普段から取り入れてやってみて!

【骨盤を】
1:脚幅は腰幅~少し広めに取る。手は腰骨に置く。

2:ヒザを少し前に出すように緩める。

3:息を吐きながら、お尻の尾骨を骨盤の内側へ丸め込む。

4:息を吸いながら、お尻の尾骨とヒザを緩める。お尻の穴は緩めて尿道をキュッと締めるようなイメージ。10回×2セット。

【額とヒザを近づける】
1:床に両手両ヒザを着ける(手脚は肩幅腰幅程度に開く)。

2:息を吸いながら、片脚だけを背骨の延長線上に後ろに伸ばす(床と平行になるように)。

3:息をゆっくり吐きながら、背中を丸め、同時に後ろに伸ばした脚のヒザを額まで曲げながら、近づくように頑張る。

4:この時、両手で床を押し、おへそを見るように丸くなり、さらにお尻の尾骨も内側に巻き込む。猫の背中をイメージして。10回×2セット。

どちらも週に2回程度がオススメ。腸腰筋は女子の味方。腸腰筋マジックで、これからの人生、ますますハッピーに!

ライター:豊田紗江
監修:町田光明(理学療法士・ヨガ講師・健康運動指導士・介護予防運動指導員。芸能人からトップアスリート、障害者(児)まで全国で指導)。

RECOMMEND