Fitness & Sports

生理不順があると筋肉がつかない!? トレーニングを無駄にしない健康改善

成長ホルモンは筋肉を成長させる

10代ではまさに成長するために、年を重ねてからはアンチエイジングのカギでもある成長ホルモンは、筋肉と密接な関係にあります。筋肉の成長を担っているのが成長ホルモンなのです。

この成長ホルモンは、生理不順になると分泌が悪くなってしまいます。成長ホルモンの分泌はそもそも20代半ばでピークを迎え、加齢とともに減っていきます。とはいえ、まったくなくなるわけではなく、その分泌量は若さと関係。当然、成長ホルモンが出ているほうが、若々しさを保っていられます。ではどうやって成長ホルモンの分泌を促すかというと、適切な睡眠と丁寧にゆっくり動く有酸素運動がオススメです。

 

生理不順は自律神経の調整で改善

もしトレーニングの成果がイマイチ上がらず、生理不順があるという場合は、成長ホルモンの分泌が悪くなっていることが疑えます。そして、その場合は自律神経の調整が、生理不順解消のカギとなります。

自律神経は私達の体の健康の大元で、交感神経と副交感神経のスイッチをTPOに合わせて適切に切り替えています。けれど、ストレスなどが募ると、このスイッチ機能が壊れてしまい、自律神経が交感神経か副交感神経のどちらかに偏ってしまいがちになります。それが体内のさまざまなシステムのバランスを欠くことになり、生理不順を引き起こすことにもつながっています。

自律神経は、日ごろの生活習慣でバランスを崩している可能性が高いので、調整にはやはり自分の暮らし方を見直す必要があります。寝ているべき時に寝ているか、タバコを吸っていないか、深酒をしていないか、ゆっくりと食事ができているか、情報に振り回されていないか…。どちらかというと交感神経優位になりやすい現代では、体を興奮させる要素が多くなりすぎないように確認を。有酸素運動を定期的に行ったり、吐く息を意識的に長くすることで、副交感神経へのスイッチを入れやすくしたいものです。

 

ライター:三上あずさ
出典:Training for Woman・Vol.1/「トレーニングをするなら知っておくべき女性のカラダのこと」
監修:高尾美穂(産婦人科医。医学博士。婦人科スポーツドクター)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE