Fitness & Sports

女性はケガをしやすい! 美トレ女子だからこそ注意したい現実

女性は、骨格的に男性よりケガをしやすいというのは、医学的な常識。

なぜかというと、女性は骨盤が男性より幅広くて重心が取りづらく、股関節が不安定だから。ヒザをそろえようとすると、足を無理やり体の真ん中に寄せていく形になり、さらに骨盤の不安定さが上がる。そのため、股関節や膝関節に負担がかかり、ケガを引き起こしやすくなるのです。

 

トレーニングをする時、ヒザと足先を同じ方向へ向ける姿勢をした際、ヒザが内側へ入りやすくなるのもそのため。トレーニングやヨガなど、関節にストレスをかける動作では、丁寧に体と向き合って動かさないと、簡単にケガにつながってしまうので注意が必要なのです。

 

ただ、女性はその不安定な姿勢が当たり前になっているので、何よりも問題。さらに、その骨格に対して不自然な姿勢に脂肪がつくので、太モモの外側が張りやすく、内モモ(内転筋)が弱い。動く時は股関節〜ヒザ〜足首のラインに注意して丁寧に。さらに、股関節を開く、閉じるのどちらの動きも行って、一日の中でも股関節への負担をリセットする習慣を作るといいでしょう。

 

ライター:三上あずさ
出典元:Training for Woman Vol.1「トレーニングするなら知っておくべき女性の身体のこと」/監修:高尾美穂(産婦人科医。医学博士。婦人科スポーツドクター)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE