YOLO

Fitness & Sports

仕事は平日、トレーニングは休日 …は避けたほうがいい理由

週末にガッツリトレーニングはNG

 

平日はしっかり仕事してるし、夜はデートや会食、遊びに行ったりするから、トレーニングは週末にガッツリ! そんなスケジュールを立てている人って、少なくないのではないでしょうか。意外にも、それは避けたいってスケジュールだって知ってますか?

トレーニングで大事なのは、いかに体を休めるか、ということ。ずっと激しいトレーニングをし続けると、疲労を積み重ねてリセットするタイミングがなく、体は疲弊する一方。消耗しているのに回復できません。

だからトレーニングするのは、仕事のある日。交感神経を優位にして、頑張るべき平日は、トレーニングも頑張っていい。朝行うなら活力を生み出し、夜は昼間の仕事の疲れをリセットして、滞りを解消することができます。

疲れててもやっぱり動いておいたほうがいい?

また、疲れ切っていて明日も仕事があるという場合、それでも運動をして体を活性化し、代謝を上げてから寝たほうが体の回復のためにはいいとか。ジムに行ったりせずとも、ひと駅分を歩いたり、ストレッチをしてから寝るようにしましょう。運動の10〜15分後、自然と自律神経は副交感神経に切り替わるので、軽く動いた後に体を休めると、その分成長ホルモンが出やすくなり、アンチエイジング効果を発揮するのです。

また、休日の二日間は、心身ともにオフにして、ゆっくり休む完全休息日にする副交感神経日和。ストレッチや緩めのヨガ、水風呂と湯船に交互に入る交代浴などで、意識的に全身を休めたいものです。

 

ライター:三上あずさ
出典元:『Training for Woman』Vol.1 「トレーニングするための知っておきたいライフスタイル術」
監修:山坂元一(ストレングス&コンディショニングトレーナー。VIDO代表取締役)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE