Fitness & Sports

理想のボディの要。「ぽてぽて」の背中からもう卒業しよう

自分より人に見られている部分、それが「背中」

普段は、なかなか目にする機会のない自分の背中。姿見でもないと、どんな背中か確認しにくいですよね。でも、ジムやスタジオの鏡で自然に背中が見えてしまったり、友達のSNSに入り込んでしまった写真をつい見てしまい、がっかりしたり落ち込んだりと、さまざまな気持ちが入り乱れている人もいるかも?

それに、カッコいいな〜と思う女性はみんな、背中がシャープに引き締まって、肩甲骨がくっきりと浮いていて、しかも姿勢がいい。背中までしっかりとボディメイクされていて、全身スキがありません。背中は理想の美しさを追求する時に、要ともなる重要なパーツなのです。

まだまだ水着を選ぶ可能性のある、この季節。背中を露出するのに躊躇しなくていいように、しっかりとシェイプしていきましょう。

脊柱起立筋群を鍛えてシェイプ&姿勢矯正

今回トレーニングするのは、脊柱起立筋群。脊椎を背部から支え、体幹を伸展させる筋肉群です。この筋肉群は背骨に沿うようについていて、首や胸、腰、背中全体を反らす時の他、首を回したり、胸や腰をねじる時にも使われるなど、日常でかなり動かしています。

抗重力筋の一つで、いい姿勢を維持するためにも、とても重要。だから、脊柱起立筋群を鍛えると、背中がすっきりしてくるのと同時に、姿勢もよくなって、若々しい印象が得られるようになります。

【脊柱起立筋群を鍛えるトレーニング】

1:うつ伏せになり、両手と両脚をまっすぐ伸ばす。
2:両脚を腰幅に広げ、ヒジを曲げながら上半身と両脚を地面から浮かせる。
3:背骨に沿うようについている脊柱起立筋群を意識しながら、2を10回繰り返す。

上半身を持ち上げる時、ダイナミックな動きではないのに、しっかりと背中の筋肉が使われているのがわかります。毎日続けて、カッコいい後ろ姿にシェイプしていきましょう!

 

ライター:幸雅子
出典:『Training for woman』vol.1/「部分別エクササイズで身体にさらなる磨きをかける!」
監修:菅原順二/全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)。トレーニング・スタジオアランチャ主宰。Reebok Oneアンバサダー。パーソナルトレーニングを中心に活動

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE