Fitness & Sports

ストレスを解消して人生を上々にする「空間認知力」って何!?

太陽礼拝の前後の動きがカギ

ヨガを始めたばかりの人でも、一度はやったことがあるかもしれない「太陽礼拝」。毎朝昇ってきてくれる太陽に感謝の思いを込め、祈りを捧げるような動きを、呼吸に合わせて行っていきます。もともとインドのある藩王が始めたもので、後に若者の体力増強のために体系づけられ、インド全土に広まりました。そして、近年に入りヨガが西欧で爆発的に人気が高まったことで、太陽礼拝がより多くの人のルーティーンとして定着していったのです。

流派によって異なるけれど、太陽礼拝は10個前後のポーズの組み合わせで構成。そのどれもが背骨を反ったり、前屈する動きの繰り返しになっています。この動きが空間認知力を上げ、それによってストレスに対する順応性を高めると言われています。

空間認知力とは、空間の中で位置や形などを認識する力のこと。時間の長さをイメージする、ものを見て絵として再現できる(描く)、バランスを取って自転車に乗るなど、何かを考えたり体を動かしたりする時に重要な能力です。
これって、大人になればあまり努力をしなくても身につくのでは? とも思えそうな能力ですが、この能力が今、危険にさらされているとか。
その原因がスマホ。スマホやパソコンは一定の姿勢でずっと画面を見続けてしまうので、空間認知の範囲がとても狭くなっています。そのために、必要のなくなった能力がどんどん低下しているというわけ。

視野が広がり、ものごとの見え方まで変わる

それに対し、この空間認知力を鍛えることができるのが、姿勢を正すことと、さまざまな視野を持つこと。なんと太陽礼拝はそのどちらにも効果を発揮するのです。背骨を中心に前後に動くことで、深層筋を養って体幹力を高め、姿勢にバランスをもたらします。また、視点が大きく上から下、前から後ろへ動くことで、さまざまな角度からものを見たり、客観視する能力をアップ。それは空間認知の範囲を広げ、結果的にものごとの受け止め方や考えの幅広さにもつながって、ストレス耐性が高まるということにも。しかも、判断力や思考力、記憶力まで上げることができ、自分への信頼度も上向きになっていきます。

つまり、太陽礼拝は現代人に欠かせない、人生がどんどん上々になっていくメソッドなのです。

 

ライター:大嶋朋子(Lotus8)
出典元:Yogini・Vol.48/「心がスッキリ! 頭がしゃっきり! やってよかったぁの効能」
監修:下條茂(ナチュラルメディカル主宰。コンディショニングトレーナー。姿勢ドクター)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE